『夫のカノジョ』木曜9時で視聴率3.0%……研音“ゴリ押しドラマ”打ち切れないテレビ局の苦悩とは

日刊サイゾー / 2013年11月24日 9時0分

写真

 21日放送の第5話が3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、テレビ東京を除くプライム枠での民放ドラマとして今世紀最低を記録した川口春奈主演の『夫のカノジョ』(TBS系)について、一部スポーツ紙が12月12日放送の第8話で終了すると報じている。

 同作は初回から4.7%と低調なスタートを切り、3話以降は3%台。いつ打ち切られてもおかしくない低視聴率だったが、同局は第8話での放送終了について「当初の予定通り」とコメントしている。

「川口は所属事務所・研音が今年力を入れていた女優の一人で、『主演はまだ早いのでは……』と慎重になる幹部がいる中、社長が独断でブッキングしてしまった。TBS側としても、川口を出しておけば、今後、同じ事務所の天海祐希、菅野美穂、竹野内豊、『あまちゃん』で大ブレークした福士蒼汰らを優先的に使えるという算段があった。だが、低視聴率ドラマを押し付けられた現場は、たまったもんじゃない」(民放キー局のドラマ制作関係者)

 また、フジテレビでは今クール、同事務所所属タレントの松田翔太が月9ドラマ『海の上の診療所』、沢村一樹がホームドラマ『家族の裏事情』に主演しているが、『海の~』は第6話で1ケタに転落。『家族の~』は初回が6.5%で以後回を重ねるごとに数字がダウンとあって、こちらも打ち切りがささやかれ始めているが、フジの場合、同事務所に大きな“借り”があるだけに、こちらも悩みが尽きないのだとか。

「『家族の~』に出演している財前直見は明らかに沢村のバーターだが、財前といえば、代表作の主演シリーズ『スチュワーデス刑事』のプロデューサーだった同局社員と結婚。2006年に長男が生まれたが、長く別居生活を送り、昨年8月に離婚した。フジは研音との関係悪化を恐れて、この社員を系列局に飛ばしたといわれているが、それ以来、研音に頭が上がらなくなってしまったので、今クールのドラマも切れないでいる」(同)

 川口、松田、沢村ともに事務所の力のおかげで、主演ドラマがコケても、それほど今後の仕事に悪影響を及ぼすことはなさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング