キノコCM打ち切り、ドラマ『夫のカノジョ』歴史的惨敗と災難続きの女優・鈴木砂羽は大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年11月28日 11時0分

写真

 歴史的な低視聴率をマークしている川口春奈主演のドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)。第5話では今世紀民放連ドラ最低を更新する3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、平均視聴率も3.9%と歴史的惨敗。川口は自身の主演映画の舞台あいさつで、「毎週木曜午後9時からの『夫のカノジョ』を見てください! すごく面白いです!」と、異例のドラマPRをするなど奮闘していた。

「当然、主演の川口さんは落ち込んでいる様子ですが、それ以上に激しい落ち込みを見せてるのが鈴木砂羽さんです。いつもは現場でも相当明るい彼女が、大丈夫か? ってくらい参っているみたいです。まあ、ドラマが振るわないのに加えて、例のCM騒動もありましたからね」(芸能事務所関係者)

 そのCMというのが、わずか1週間足らずで放送中止になった、食用キノコを製造する会社・ホクトのテレビCMである。

「要潤さんとのやりとりが下品だということで打ち切りになったようですが、鈴木さんサイドは事前に『これ、大丈夫ですか?』と確認を入れていたようです。それで問題がないということで進めたのに、こんな結果になってしまい、余計にショックを受けているようです。ただ、来年1月からのドラマ『隠蔽捜査』(TBS系)に出演が決まって、こちらはあの『あまちゃん』コンビの杉本哲太さんと古田新太さんが主演ですから、話題にはなりますね」(広告代理店関係者)

 踏んだり蹴ったりの鈴木にとっては、一筋の光明だったに違いない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング