『夫のカノジョ』歴史的惨敗の陰で『家族の裏事情』も超低空飛行……“名門”研音の凋落ぶり

日刊サイゾー / 2013年11月29日 11時0分

写真

「やっぱりこれだけ数字がついてこないと、現場の雰囲気はかなり悪いですよ。W主演の沢村一樹さんも、ストレスがたまっているようです」(フジテレビ関係者)

 金曜19時57分から放送されているフジテレビ系ドラマ『家族の裏事情』の視聴率が、業界に波紋を呼んでいる。

「先週はついに3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで落ち込みました。財前直見さんと沢村さんという『研音』のW主演で挑んだ今作ですが、初回から6.5%と低迷。今クールは、川口春奈さんの『夫のカノジョ』(TBS系)がゴールデンの今世紀最低視聴率を更新したため、低視聴率の話題は全部あっちが持っていきましたが、うちのこのドラマもかなりヒドいもんですよ」(同)

 その中でも一番割を食った形になっているのが、沢村だ。

「なにせ、沢村さんは前のクールの『DOCTORS2 最強の名医』(テレビ朝日系)で平均18.3%取っていますからね。沢村さんも『なんで今更、バーターで俺まで出ないといけないんだ!』って愚痴っていたそうです。ただ、研音の序列でいうと、いまだに女優では財前さんがトップなんです。つまり、彼女が主演するということは、ほかの研音の役者さんは彼女の下というのが必然。それでもW主演という形になったのは、事務所が沢村さんを認めているということなんでしょうけど、今回のことは、ありがた迷惑でしょうね(苦笑)」(芸能事務所関係者)

 今回の低視聴率の件で明らかになったのは、研音という事務所の凋落ぶりだという。

「正直、今までは財前さんはじめ、山口智子さんや唐沢寿明さん、反町隆史さん、竹之内豊さんといった主役級が芸能界でも視聴率を取れる俳優ということで認識されていましたが、今は女性だと天海祐希さん、菅野美穂さん、男性だと沢村さん、松田翔太さんらが中心になるでしょうね。実際、今回のように古株の財前さんだけでは数字が取れないと判断した局側が、数字の取れる沢村さんとならっていうことでOKしたという“裏事情”もあるそうですし」(テレビ局関係者)

 家族よりも、研音の“裏事情”のほうが面白いに違いない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング