取材もドタキャン……ポスティング移籍暗礁の田中マー君、イライラが爆発寸前!!

日刊サイゾー / 2013年11月30日 16時0分

写真

 プロ野球楽天・田中将大投手が28日、都内で行われた「第42回三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式に出席。式では、グラブをかたどったトロフィーと賞金50万円を受け取った田中だったが「投手は全部三振を取れないので、(野手の方に)たくさん助けていただきました」と挨拶。時折、嶋基宏や藤田一也ら、日本一の美酒を一緒に味わったほかの楽天ナインと会話する一幕も見られた。

 だが、ほかの出席者が会場前で取材対応する中、注目の的・マー君はなかなか出てこなかったという。

「報道陣が待機して30分近く経過してから、ようやく球団スタッフが田中の取材対応がない旨を伝えてきたが、理由に関しては一切ナシ。結局、ほかの楽天ナインを経由して写真撮影だけは3人揃って実現しましたが、最後の最後まで記者からの質問には応じず。タクシー乗り場へと続くエスカレーターでは、田中の前後を番記者がみっちりマークする事態になりました。辛うじて昵懇の仲である某記者にだけ対応しましたが、発した言葉は『(ポスティングの件は)知らないなぁ~』のひと言。タクシーに乗った後は、窓越しにバシャバシャとフラッシュをたいて撮影するカメラマンに『しつこいなぁ~』とつぶやき、イライラしながらその場を去った。これには、番記者連中もあきらめるしかなかったそうですよ」(スポーツ紙野球デスク)

 これまで冷静さを保っていた田中だが、ポスティングシステムの“白紙撤回”が報じられ、来季残留の可能性も出てきている。不満が爆発するのも、時間の問題か。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング