心筋梗塞から復帰も……再び過密スケジュールに忙殺される天海祐希は大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年12月4日 13時0分

写真

「もう体調は、ほぼ問題ないそうです。ただ、連ドラが終わって、すぐにまた舞台の稽古が始まりますからね。周囲は『体調だけは気をつけて』と、口酸っぱく言っているそうです」(テレビ局関係者)

 来年1月の木曜夜9時枠で放送される刑事ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)で主演する天海祐希。今年5月に軽度の心筋梗塞で舞台『おのれナポレオン』を降板したため、周囲はいまだにその体調面についてかなり配慮しているそうだ。

「事務所も、なるべくスケジュールを詰め込まないようにしているみたいですが、オファーが山のようにあって、本人もやりたいものばかりだそうで、結果的にまた多忙になってしまったようです」(芸能事務所関係者)

 実際、この『緊急取調室』の撮影も秋口から行われ、放送開始前の年内には終了する見込みだという。

「天海さんは3月から劇団☆新感線の2014年春興行『蒼の乱』に主演するため、その稽古を考えると年明けまでにはすべての撮影を終えてないといけないということで、秋から撮影が始まりました」(同)

 実際、天海自身も『蒼の乱』の主演が復帰後初舞台になるため、かなり緊張しているという。

「ただ、『緊急取調室』では、『ベテランの男の人たちに囲まれた現場でよかった』と漏らしていました。この現場には、田中哲司さん、小日向文世さん、大杉漣さん、でんでんさんと、彼女よりも年上のベテラン俳優たちがたくさんいましたからね。そういう意味では、主演でもあまり周囲に気を使わずにできたんじゃないでしょうか」(ドラマ関係者)

 ドラマに舞台と、来年もかなり大忙しな天海。体調面だけは、気をつけてもらいたいものだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング