「ももクロは即完売なのに……」AKB48『紅白対抗歌合戦』ライブビューイングが全館絶賛売れ残り中!!

日刊サイゾー / 2013年12月12日 20時30分

写真

 今月17日にTOKYO DOME CITY HALLで開催される『第3回 AKB48紅白対抗歌合戦』のライブビューイングのチケットが、「売れていないのでは?」とファンが騒然となっている。

 同イベントは、メンバーが紅組と白組に分かれてパフォーマンスを競う、年に一度の恒例イベント。会場のキャパは約3000人と、今夏にドームツアーを行ったAKBにしては小規模。そのため、運営側はより多くのファンが観覧できるよう、全国129カ所の映画館で生中継するライブ・ビューイングの実施を発表した。

 しかし、11日午前中からチケットを発売したものの、売り切れている劇場は一つもない(12日現在)。

 今や、多くの人気アーティストが実施しているライブビューイングだが、ももいろクローバーZが先月に行った際は、全国57会場で約3万人を動員。2スクリーンを使用する映画館も多かったが、多くの会場が即日完売していた。

「8月にも、『お台場合衆国』で行われたキャパ2,400人のチームB公演が、チケット発売から12時間以上たっても売れ残り、ファンの間で騒ぎになったことがありました。しかし、今回のイベントは年に一度の特別なもの。ネット中継も告知されていないのに、主要都市でさえ一館も売りきれていない現状には驚きですね。AKBといえば、11日に発売されたシングルが、初日売り上げ91万6,912枚を記録したばかり。CDの購入者たちは、一体どこへ行ってしまったのでしょうか……」(アイドルに詳しいライター)

 チケットが売れ残っている明確な理由は不明だが、10日に「2013年 タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)が発表され、CM業界の“AKB離れ”が明るみとなったばかりなだけに、ファンも気が気でないだろう。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング