「夫のヒョロヒョロVTRはNGだった!?」長渕剛の妻・志穂美悦子が突如テレビ復帰した裏事情

日刊サイゾー / 2013年12月21日 12時0分

写真

 ミュージシャン・長渕剛の妻で元女優の志穂美悦子さん(本名・長渕悦子)が18日、TBS系『はなまるマーケット』の人気トークコーナー「はなまるカフェ」に生出演し、注目を集めた。

 悦子さんは1987年に長渕剛と結婚し、以後芸能活動は行っておらず、本格的なテレビ出演は長渕との結婚会見以来約27年ぶりとなった。だが、若いころに本格的なアクション女優として鍛え上げた抜群のスタイルとその美貌は、まったく衰えず。

 3年前、貴乃花親方の花田景子夫人から誘われたのがきっかけで、現在はフラワーデザイナーとして活躍しているそうで、同番組のスタジオでも生け込みを披露したが、フラワーデザイナーとしての活動については「趣味のレベルですよ。発展途上」と謙遜。私生活についても明かし、3人の子どもについて「それぞれの道を生きていっている」と語った。

 だが、今回の出演に当たり、それなりの“制約”があったようだ。

「悦子さん単体の過去の映像はOKだったが、長渕と共演した同局の『親子ゲーム』の共演シーンの使用はNG。というのも、当時の長渕はヒョロヒョロで現在の鍛え上げたマッチョボディとはまるで別人。おまけに、家庭での話など、現在の長渕のステージ上でのイメージを少しでも損なうようなVTRや発言はすべてNG。そんなことをやってるから、長渕はすっかりテレビ局から敬遠されてしまった。それと、女優の長女、レーサーの次男については触れたが、売れないミュージシャンの長男については、あえて触れなかったようだ」(TBS関係者)

 ここにきて、突如、テレビ復帰を果たした理由については、まず、自身の活動をPRする目的があると思われるが、ほかにも深い事情があるようだ。

「長渕の主な収入源は音楽活動だが、CDがさっぱり売れず、5月に発売したシングル『未来』の売り上げは2万枚程度。ライブツアーは毎回ソールドアウトでグッズも飛ぶように売れるが、年々収入が落ち込んでいるのは明らか。となると、減った収入を埋められるのは悦子さんしかいないわけで、今後は女性誌などにどんどん露出を増やしていくようだ。週刊誌ではスタッフとの不倫疑惑も報じられた長渕だが、またまた悦子さんが“内助の功”を見せることになりそう」(音楽関係者)

 往年のファンとしては悦子さんが女優に復帰し、いまだにキレのあるアクションを見せてくれることを望んでいるに違いない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング