原史奈との離婚報道を否定したサッカー中西哲生氏の華麗なる“女性遍歴”「辺見えみりと浮名も」

日刊サイゾー / 2013年12月24日 11時0分

写真

 サッカー解説者の中西哲生氏が、妻でタレントの原史奈との年内離婚がスポーツ紙などで報じられていることについて、18日に出演した情報番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で否定し、話題になっている。

「番組内では多少のすれ違いは認めつつも、年内離婚自体は否定していました。しかし、『今でも共通の認識で食事とかもしてますし、前向きにいける話を続けている』『本当に話せることがあれば、ちゃんとお伝えしますんで』といった発言を聞くにつけ、何がしかの問題が夫婦間にあるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 中西氏は、現役時代は日本代表歴こそなかったものの、ボランチやディフェンダーとして名古屋グランパスを中心にチームの主軸を担うなど、クラブレベルでは活躍。現役引退後は同志社大学卒業というインテリぶりも手伝い、理論的なサッカー解説で人気を博している。

「ルックスもいいことから、女性遍歴も華麗。本来、サッカー選手は現役時代の早い時期に結婚することが普通なのに、現役時代は独身を通していましたからね。原と結婚する前は、辺見えみりと浮名を流したことも記憶に新しい。妻の原は日テレジェニックにも選ばれたことがあるグラビアアイドルですが、BS放送のサッカー番組での共演が縁で、2007年に中西氏と結婚しました。当時、一回りも年齢が違う中西氏と原との結婚には、唐突な感じがありましたね。今回の離婚説の原因は多忙によるすれ違いだそうですが、根深いものがあるのかもしれません」(同)

 来年はW杯イヤーだけに、サッカー解説者の中西氏にとっては絶好の稼ぎ時であり、多忙を極めるはず。もし報道が事実なら、離婚のようなややこしい話は年内に片づけておきたいところだろう。とはいえ、W杯開幕前にこうした形で注目を浴びることになってしまったのは、サッカー解説者的には本意ではなかったとは思うのだが……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング