テレビ朝日の年末年始は“ビッグダディ”だらけ!? 特典映像付きで再放送も「誰得?」の声

日刊サイゾー / 2013年12月27日 13時0分

写真

 視聴率絶好調のテレビ朝日が、12月29日午後6時30分から『痛快!ビッグダディ「完結編」さすらい密着2760日 涙と笑いの最終回スペシャル』を放送する。4月21日放送の『痛快!ビッグダディ19』から実に8カ月ぶりとなるが、主人公のビッグダディこと林下清志さんを取り巻く環境は大きく変わった。

 前回のオンエアでは、ダディと美奈子さんが離婚。ビッグダディは故郷である岩手県の盛岡へと居を移し、接骨院「盛岡屋」を開院。美奈子さんは宮崎県の日南へ移住した。その後、ダディは著書『ビッグダディの流儀』(主婦と生活社)を、美奈子さんは『ハダカの美奈子』(講談社)を出版、ともに大きな話題となった。

「テレ朝としては、いまだ同シリーズは“ドル箱”扱い。当初、オンエアは今秋の予定でしたが、各局熾烈な視聴率合戦が繰り広げられる年末に持ってきた。力が入っている証拠ですよ」とはテレビ関係者。

 さらに年明け早々、最終回スペシャルの再放送も内定したという。

「それも単なる再放送ではつまらないということで、未公開シーンやダディの謎の特典映像も付いてくるそうです。正月は家族で家にいることが多いですからね。ファミリー層を狙い撃ちするつもりなのでしょう」(同)

 ただ、ダディ、美奈子さんともにタレント活動しだした今、マンネリ化しつつあるのも事実。別のテレビ関係者は「これまでのシリーズの数字が良かったのは、適度な素人感があったからこそ。前シリーズ以降、2人はメディアにも出まくり、謎だったプライベートもさらけ出している。果たして、これまで通りうまくいくか……」と疑問を投げかける。

 しかも、再放送ではダディの謎の特典映像付き。しらけムードの中では「誰得?」ということにもなりかねない。

「実際ダディも美奈子さんも、このところ目に見えて仕事が減ってきている」(週刊誌記者)

 2014年は両者にとって、試練の1年になりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング