次回は“6枠”に!? NHKとの癒着深め「ジャニーズWEST」を『紅白』にねじ込むジャニー喜多川の野望

日刊サイゾー / 2014年1月15日 9時0分

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で事前に引退を発表していた北島三郎の演出に“物言い”を付けたのが、SMAP、嵐ら多くの男性アイドルグループを抱えるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長だった。

 各スポーツ紙によると、ジャニー氏は2日に行われた担当記者との懇親会で、番組の演出について「もっと盛り上げるべきだった」「もう少し北島さんを立てていただきたかった」などと苦言を呈した。

「ジャニー氏はもはやショーの演出にしか興味がなく、紅白の演出には特に目を凝らしていたよう。あくまでも一個人の意見として、率直な感想を語ったようだ。とはいえ、北島の演出にとやかく意見できるのは、重鎮であるジャニー氏ぐらいしかないのが現状」(NHK関係者)

 ジャニーズといえば、昨年の紅白には白組司会の嵐に加えて、SMAP、TOKIO、関ジャニ∞、Sexy Zoneの5組を出場させ、V6の岡田准一が今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めるなど、NHKとはかなり太いパイプを築いているが、どうやらジャニーズサイドはさらなるパイプの強化を狙っているようだ。

「このところ、所属タレントが主演の民放連ドラがことごとく不調で、あまり数字が話題にならず、今後は民放から徐々にクオリティーの高い作品を放送するNHKにシフトしていこうというのがジャニー氏の意向。そこで、お気に入りの滝沢秀明を昨年放送されたNHK BSプレミアの『真夜中のパン屋さん』に続いて、1月スタートの木曜時代劇『鼠、江戸を疾る』に主演させた。9日放送の初回は、前作で前田敦子が主演して大コケした『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』を大きく上回る、同枠では高視聴率の9.8%を記録。同ドラマの主題歌は近藤真彦が歌う力の入れよう。NHKへの貢献度は絶大で、今年の紅白では4人組の新ユニット『ジャニーズWEST』の出場が確実視されており、昨年よりも1枠増えた6枠になりそう」(レコード会社関係者)

 いっそのこと、紅白では紅組、白組に加え、「ジャニーズ組」を作ってしまえばいいという声も聞こえてきそう!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング