観客激減なでしこリーグの救世主!? “かわいすぎる”女子高生サッカー選手・山下史華が話題

日刊サイゾー / 2014年1月16日 17時30分

写真

 16日に決勝戦を迎える「全日本高校女子サッカー選手権」に出場する静岡・藤枝順心高校2年生の山下史華が「かわいすぎる」と話題だ。

 山下といえば、鹿児島県内で開催されるU-16日本女子代表候補トレーニングキャンプメンバーに選ばれ、“未来のなでしこ”として脚光を浴びている選手の一人。

 身長160cm、体重43kgと華奢ながら、ダイナミックなプレイを見せる彼女。加えて、元モーニング娘。の後藤真希を彷彿とさせる端正な顔立ちや、愛くるしい笑顔に、男女問わず心を奪われる人が続出しているようだ。

 15日、テレビで「全日本高校女子サッカー選手権」準決勝が放送された際にも、ネット上では「17番の子(山下)がかわいすぎる」「すっぴんなのに、芸能人並みにかわいい」「史華ちゃんのファンになった」といった書き込みで溢れた。

「一時は大ブームとなり、ライトファンが詰めかけた女子サッカーですが、最近は観客が激減。試合のテレビ視聴率も3分の1程度になっています。どうしてもスピードやパワーで男子サッカーに負けてしまう女子サッカーは、スポーツファンが付きづらい状況がある。そうなると、人気を取り戻すためには、目を引く“アイドル選手”の存在が手っ取り早い。しかし、ここ数年で、熊谷紗希の合コン相手がチームの内情をTwitter上で暴露したのを皮切りに、川澄奈穂美の同性愛疑惑が報じられるなど、スキャンダルの印象も付いてしまった。そんな現状に肩を落とす女子サッカーファンも、山下が数年後、大スターになってくれることを期待しています」(スポーツ記者)

 山下の存在は、女子サッカー人気を取り戻す起爆剤となるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング