年が明けても『あまちゃん』の話ばかり……“あまロス”激しすぎの今田耕司に、周囲がドン引き中

日刊サイゾー / 2014年1月20日 9時0分

写真

 先日、26歳年下の一般女性と指を絡ませて都内のバーから出る姿を、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)に報じられた今田耕司。加藤ローサをはじめ数々の女性と浮名を流してきたが、いまだに独身を貫いている。

 そんな今田がいまハマっているのが、昨年放送終了したNHK朝ドラ『あまちゃん』だという。

「正直、長いですよね(苦笑)。どの飲み会でも、誰が相手でも『あまちゃん』について熱く語っているそうです。去年ならまだしも、年が明けても同じテンションなので、周囲も『どんだけ好きなんだ!?』って、ドン引きしていますよ」(芸能事務所関係者)

 自身のラジオ番組でも、能年玲奈の今後などについて熱く語っていた今田。

「年末には総集編もありましたし、紅白ではコーナーもあったでしょう? どうやら、あれでまた火が点いたみたいなんです。元旦には自身が司会を務めるNHK『着信御礼!ケータイ大喜利 お正月スペシャル』の生放送があったのですが、『さっきまでここに能年ちゃんがおったんよなぁ』とか言ったり、紅白のコーナーについて共演者に熱く語っていました。収録後はハワイに行ったようですが、現地でも同じ話をしていたんでしょうね」(NHK関係者)

 今田の“あまロス”はいつ終わるのだろうか――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング