元AKB48・板野友美、新曲MV&ジャケ公開! “絶好タイミング”のTAKAHIRO同棲報道は吉と出るか?

日刊サイゾー / 2014年1月20日 20時30分

写真

 板野友美のAKB48卒業後、初となるソロ5thシングル「little」(キングレコード/2月5日発売)のジャケットと、ミュージックビデオ(以下、MV)が公開された。

 同作は、CD3形態と、ミュージックカード5種を発売。表題曲の作詞を板野本人が手掛けており、それぞれに「握手会参加券」や「ハイタッチ会参加券」が付いているという。

 CDジャケットは、板野の顔のアップ。ところどころが焼けただれたようなデザインとなっており、板野が“憧れのアーティスト”として挙げる安室奈美恵のアルバム『FEEL』(Dimension Point)や、浜崎あゆみの『A BEST2-BLACK-』(エイベックス・トラックス)を彷彿とさせるアートワークとなっている。

 発売前から、公式サイトでは「従来イメージとは違う、新しい板野友美を印象づける楽曲」であることをプッシュし、本人も「新しいチャレンジをたくさん盛り込んでいます。 是非、新しい板野友美に期待してください」とコメントを寄せていた意欲作。表題曲のMVでは、ホラーファンタジーのような世界観に挑戦しており、目から血のようなものを流した板野が、目隠しをしてイスに座らされるなど、確かにこれまでのソロ曲とは異なる雰囲気となっている。

 板野といえば、今月17日発売の週刊誌に、かねてから熱愛がウワサされていたEXILEのボーカル・TAKAHIROとの同棲報道があったばかり。TAKAHIROの多くのファンは、「早く別れろ!」「TAKAHIROに迷惑かけるな」などと、板野のことをあまりよく思っていないようだが、一方でEXILEの人気メンバーとの交際で、板野の株は上昇したとみられており、タイミングの良すぎる報道に「板野サイドのリーク」だと疑う声は少なくない。

「板野はAKB48卒業後、LAセレブに憧れる“成金趣味”を隠さなくなり、アイドルファンは離れているものの、ギャル・ヤンキー層の関心はむしろ上がっているといわれている。今後の板野のアーティスト活動の鍵となるのが、このギャル・ヤンキー層。TAKAHIROとの熱愛報道で、どれだけこの層に憧れを抱かせられたかが、新曲の売り上げを左右するかもしれませんね」(芸能記者)

 新曲で新しい挑戦を見せた板野。一部ファンの間では「相変わらず、声量がなさすぎる……」と、今後を悲観する声も上がっているようだが、憧れの安室や浜崎のような歌姫にはなれるだろうか?

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング