乃木坂46がいよいよAKB48を越える!? 秋元康が描いた逆転劇とは

日刊サイゾー / 2014年2月1日 9時0分

写真

 AKB48と乃木坂46の力関係が、今年はとうとう逆転するのかもしれない。

 AKB48は2013年、板野友美、秋元才加、篠田麻里子といった主要メンバーが続々と卒業。ドラフト制度を導入するなどして、新体制への移行を図ってきた。紅白歌合戦では大島優子も卒業を発表。さらに2月24日には「AKBグループ大組閣祭り」を開催することも決まっており、いよいよ新生AKB48が本格的に始動するように見える。1月22日に発売された5枚目のアルバム『次の足跡』(キングレコード)も、タイトルからして次世代メンバーの躍進を期待させる。だが、その先行きは決して明るいものではないようだ。

「AKB48はここ1年くらい、ドラフトやら卒業やらでずっとバタバタしてきました。リアルなドキュメンタリー性を売りにしているグループなので、次々とサプライズを仕掛けるのは当然かもしれません。しかし、矢継ぎ早にいろいろと仕掛けすぎて、ほころびが出始めているのも事実です。たとえばドラフト制度は、新たなメンバーを発掘するとともに、チーム間のパワーバランスを調整する効果も期待されていたはず。ところが、ここに来て大組閣。これからチーム一丸となって頑張ろうというところに、水を差すようなやり方と言わざるを得ません。昨年の8月に東京ドームで発表された、各チームの新公演スケジュールがさっぱり実現されていないことからも、話題を集めるためだけに、行き当たりばったりな運営をしているように思えます。AKB48というシステムは、もう行き詰まりなのかもしれません」(芸能記者)

 一方でAKB48の公式ライバルとされていた乃木坂46は、今になって勢いづいているという。

「乃木坂46には、総選挙やドラフトといったシステムはなく、運営がしっかりと舵を取り、グループとしての完成度を高めてきました。また、コンテンツもよくできていて、CDの付録となっている各メンバーのDVDは、それぞれ気鋭の映像作家が手がけるといった工夫が凝らされています。楽曲面での評価も高く、正統派アイドルポップスである『君の名は希望』は、普段アイドルソングを聴かないタイプの音楽ファンにも訴求しました。いわば、AKB48がドタバタを売りにするのに対し、乃木坂46はしっかりと作り込んだ作品を売りにしてきたのです。2014年初の新曲では、握手会で圧倒的な人気を誇ってきたメンバーの西野七瀬がセンターになることも決定しています。もしかしたらこのタイミングで、AKB48を越えようとしているのではないでしょうか」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング