小栗旬『BORDER』、佐藤健『ビター・ブラッド』、西島秀俊『MOZU』……4月クールも連ドラは“刑事だらけ”!?

日刊サイゾー / 2014年2月5日 9時30分

写真

 右を見ても左を見ても「ミステリーだらけ」と話題の、今期の連続ドラマ。前クールから2クールまたぎで放送中の『相棒season12』『科捜研の女』(共にテレビ朝日系)のほか、1月から武井咲主演『戦力外捜査官』(日本テレビ系)、杉本哲太・古田新太主演『隠蔽捜査』(TBS系)、檀れい主演『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系)、天海祐希主演『緊急取調室』、剛力彩芽主演『私の嫌いな探偵』(共にテレビ朝日系)、滝沢秀明主演『鼠、江戸を疾る』(NHK)がスタート。実に8作にも及ぶ異常事態となっている。

 そんな中、早くも4月クールの連ドラが徐々に発表されているが、ドラマウォッチャーらの間で、「春も刑事ドラマだらけか……」という声が上がっている。

 まず、『緊急取調室』の後番組には、小栗旬主演の刑事ドラマ『BORDER』(テレビ朝日系/木曜夜9時~)がスタート。共演に、青木崇高、波瑠、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一など。小栗は、死者と対話できる特殊能力を手にした刑事・石川安吾を演じるという。

 霊能力により殺人事件を解決するドラマといえば、テレビ東京でも放送された米ドラマ『トゥルー・コーリング』や、『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』などが知られているが、原案・脚本を務める金城一紀氏は、「刑事ドラマは世にたくさんありますが、他とは明らかに違う世界観の作品を手掛けたい」と意欲を見せており、オリジナルの世界観に期待が寄せられている。

 一方、『福家警部補の挨拶』の後番組には、刑事ドラマ『ビター・ブラッド』(フジテレビ系/火曜夜9時~)がスタート。渡部篤郎演じるベテラン刑事と、佐藤健演じる新米刑事は「実は親子」という“親子バディ”ものだとか。

 さらに同局では、民間の科学捜査研究所を舞台にしたミステリー漫画『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』(集英社)の、4月期でのドラマ化も発表済み。主演俳優は未発表だが、一部報道ではSMAP・香取慎吾と伝えられている。

 NHKでも、4月19日から探偵ミステリードラマ『ロング・グッドバイ』(土曜夜9時~)がスタート。連ドラ初主演となる浅野忠信が、私立探偵・増沢磐二を演じ、殺人事件などを解決するという。

 TBS系でも、西島秀俊演じる警視庁公安部のエース捜査官と、香川照之演じる警視庁捜査一課の捜査官が事件を解決する『MOZU Season1』(木曜夜9時~)がスタート。真木よう子や長谷川博己、伊藤淳史、池松壮亮など名だたる俳優が出演予定だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング