『あまちゃん』以降、仕事厳選中の“ジャニヲタ”能年玲奈がジャニーズ合コンに!?

日刊サイゾー / 2014年2月6日 11時0分

写真

 昨年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインを演じ、大みそかの『紅白歌合戦』にも出場するなど、大活躍だった女優の能年玲奈。今年は事務所が手堅い戦略でじっくり売るようだ。

「『あまちゃん』の次回作が注目されたが、現在、決定しているのは今年夏に公開される映画『ホットロード』のみ。不良に憧れる役で、純朴なヒロインを演じた『あまちゃん』とはガラリと役柄をチェンジしたが、ほかの作品もオファーは来るものの、なかなか事務所は受けない。とりあえず、今年は大手企業のCMをどんどん入れる方針で、早くも年明けに2社のCMが決まった」(広告代理店関係者)

 となると、気になるプライベートではこれまで以上に男性関係に気をつけなければならないが、年明けには早くも『あまちゃん』で共演したイケメン俳優・福士蒼汰との熱愛説が浮上。

「ドラマの撮影中も能年と福士はほとんど会話もしたことがなく、ガセネタだったようだ。昨年はさんざん写真誌がプライベートを追いかけ回したが、結局何もなく、それどころか、警戒した能年サイドがさっさと引っ越させてしまい、張り込むことすら難しくなった」(週刊誌記者)

 このままなら、事務所もひと安心といったところだが、能年の交遊関係からスキャンダルの“火種”が浮上してしまったという。

「能年はティーン誌のモデルを務めていたが、そのころから仲がいいのが、現在もモデルとして活躍する西内まりや。その西内といえば、同じ高校に通っていたジャニーズの人気グループHey!Say!Jumpの山田涼介と以前から交際説が流れており、西内はモデル仲間に、ジャニタレとの合コンをセッティングしたこともあるという。能年も何度か誘われたようだが、忙しくて参加できなかった模様。しかし、CMを中心に仕事をこなすということは、ドラマや映画のように撮影時間で拘束されることもなく、プライベートな時間が増える。もし、ジャニタレとの合コンや交際でも発覚しようものなら、事務所がはじいたそろばんがパー。CMはもちろん、女優業にも多大なる影響を与えることになるだろう」(同)

 もともと能年は、KAT-TUN亀梨和也のピンナップを持ち歩くほどの“ジャニヲタ”。能年の事務所は、西内も含めて、交友関係のある女性タレントの男性関係を洗って十二分に警戒したほうがよさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング