「日本でも人気が……」AV女優・羽田あいのツイートを記事化した韓国大手・中央日報が話題に

日刊サイゾー / 2014年2月11日 12時0分

写真

 韓国有力紙「中央日報」が、AV女優の羽田あいがTwitterで「かっこいい~」とつぶやきながら、K-POPガールズユニットRAINBOW BLAXX(レインボーブラック)のミュージックビデオを称賛した、と報じている。

「RAINBOW BLAXXはガールズグループRAINBOWから派生したユニットで、セクシーなダンスパフォーマンスが韓国で話題になっています。スポーツ紙ならいざ知らず、中央日報のような報道機関がAV女優のツイートに言及して記事を作るというのは、あまりないですよね。同ユニットが日本でも人気があることを紹介したかったのでしょうが、ちょっとねえ……(苦笑)。韓国を称賛してくれるのならなんでもいいのか、と」(韓流エンタメ誌編集者)

 羽田あいは芸能界からAVへ転身した人気女優だが、以前からK-POPファンとして知られている。中央日報は韓国では保守系の大手紙で、日本でいうところの読売新聞や産経新聞のようなもの。そんな大手紙による今回の報道に違和感を持ったネットユーザーも少なくなく、「中央日報って、アダルトサイト見てAV女優のサイト見るのも仕事なんだ。さすが、売春が主要輸出国」「日本の4大紙。朝日、毎日、読売、日経なら、こんな記事を書くか? 中央日報、朝鮮日報、東亜日報。韓国3紙はタブロイド紙だね」「中央日報って、他国のAV女優のTwitterを記事にすんの? バカが極まってるね。ホントに気持ち悪いなぁ」といった書き込みが相次いでいる。

 問題のダンスパフォーマンスだが、ホントパンツ姿で片足を上げ“大股開き”になるというもの。韓国では性行為を連想させるとして、下品すぎると批判が起きている。

「彼女たちのパフォーマンスは、地上波では放送できないそうです。韓国では今、ガールズグループの度を超えたセクシーパフォーマンスが社会問題になっていて、規制や検閲の必要性が論じられています。雨後のタケノコのようにガールズグループが次々と粗製濫造されているだけに、差別化を図るためには“セクシー表現”もエスカレートしてしまうのでしょう。まあ、芸がないといえば、それまでなのですが(笑)」(同)

 色気でしかアピールできないとはなんとも情けない限りだが、どうせ規制をするなら、日本への進出も取り締まってほしいものである。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング