次長課長・河本“生活保護問題”の再来か……板東英二の出演で、局にクレームが殺到する!?

日刊サイゾー / 2014年3月5日 13時0分

写真

「本人は『本格的に仕事をしていきたい』と意気込んでいますが、まだまだ彼を積極的に使おうという局はないみたいですよ」(テレビ局関係者)

 一昨年に個人事務所の申告漏れが発覚し、芸能活動を休業していたタレントの板東英二。先日行われた『第23回東京スポーツ映画大賞』と同時表彰の『第14回ビートたけしのエンターテインメント賞』で話題賞を受賞し、その授賞式に出席して話題となっていたが――。

「あれも、たけしさんだから呼べたんです。吉本興業に入ったことで、さんまさんの番組にも出演していましたが、正直、さんまさん、たけしさん以外の仕事は、まだ厳しいんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者)

 確かに、先の授賞式でもたけしが「賞品はスーパーミリオンヘアー2年分」とジョークを飛ばしていたが、たけしやさんま以外の人が言うと、ひんしゅくを買うようなギリギリの話である。

「板東さんは『申告漏れ』と言い張っていますが、『脱税』と取られてもおかしくない事件でした。以前、生活保護の不正受給問題で、同じ吉本の次長課長の河本さんがバッシングされたときも、局にはものすごいクレームの電話がかかってきていました。ネット上では、彼を起用したプロデューサーの名前が晒されて、その人がノイローゼみたいになったこともあったんです。世間は今、こういったことに厳しいですから、上から来た命令じゃない限り、板東さんを起用しようっていう人はいないでしょうね」(バラエティ番組プロデューサー)

 しばらくは、大御所頼みの出演となりそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング