「このままじゃ『安堂ロイド』に……」TBS『S -最後の警官-』最終回手前で“ガッキー投入”が大成功!?

日刊サイゾー / 2014年3月11日 11時30分

写真

 向井理主演ドラマ『S -最後の警官-』(TBS系)の第9話が9日に放送され、平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、すべて平均視聴率)と記録。第3話以来の“15%超え”となったことが分かった。

 同ドラマは、放送前から映画化が告知されるなど話題を集め、初回18.9%と好発進。1月スタートの民放連ドラの中で独走状態であったが、オダギリジョーの登場で物語が盛り上がりを見せた第4話を境に、なぜか視聴率が急落。以降、11~12%台と今ひとつの状況が続いた。

「同枠前クールのSMAP・木村拓哉主演『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』も、初回19.2%と高視聴率を叩き出しながらも、第4話で10.3%まで急落。今回も似たような推移を見せたため、『もう失敗はできない』と、レギュラー出演する池内博之と同じ事務所の新垣結衣を投入したとみられています」(芸能ライター)

 第9話から“新レギュラー”となった新垣は、高い狙撃力を誇るスナイパー・イルマ役を好演。新垣の演技は視聴者からも好評のようだが、次回が最終回のため、「もっと早く出てほしかった」「ガッキーのスナイパー姿があと一回しか見られないなんて」と惜しむ声が目立つ。

「最終回手前での全話平均視聴率は14.4%。イルマは、原作でも途中から登場するキャラクターですが、もし新垣がもう少し早くから出ていたら、結果は変わっていたかもしれませんね。とはいえ、今期はヒットドラマ不在の“不作クール”。民放の中では、次点の『明日、ママがいない』(日本テレビ系)を1.5%以上離し首位を保っていますから、トップのまま放送を終えられそうです」(同)

 TBSが勝負をかけ企画したものの、不作クールだったために、かろうじて面目が立った格好の『S -最後の警官-』。来年公開予定の映画版にも、期待したい。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング