「北野誠もドン引きさせる……」名古屋CBC“下ネタ大好き”氏田朋子アナが結婚・寿退社へ

日刊サイゾー / 2014年3月17日 19時0分

写真

 名古屋・中部日本放送(TBS系列)の氏田朋子アナ(29)が、都内で勤務する一般人男性と入籍、早ければ今春にも退社することが、複数の関係者の話でわかった。清楚でお上品な女子アナが急増する中、“下ネタ”も辞さないキャラクターで人気のアラサー女子アナの突然の流出に、関係者の間では驚きの声が上がっている。


 お相手は、都内の大手広告代理店に勤務する年上男性・Aさん。

「仕事がデキるさわやか系イケメンで、氏田アナの関西弁のツッコミにも『うん、うん』と優しく相づちを打てるタイプです」(同局関係者)

 また、仕事面ではこんな姿も。

「真っ昼間の生放送ラジオ番組『北野誠のズバリ』で、北野もドン引きするほど下ネタが大好き。その分、親しみやすいキャラクターで人気者でした」(同)

 プライベートでは「4年ほど交際している、今の彼一筋。とはいえ、時々中日ドラゴンズの選手などから“お誘い”もあったようですが、うまくかわしていた。最近は、名古屋と東京の遠距離恋愛を成就させるか、終わらせるのか、彼女から彼に意思確認をしていた」(代理店関係者)という。

 氏田アナは2007年、夏目みな美アナ、古川枝里子アナと共に入社。「女子アナ3人娘」として売り出されたのだが、「仕事面では、スポーツや報道の番組を担当する夏目がリード。プライベートでは昨年、古川アナが同局の局員と結婚した。その頃から『仕事だけでなく、結婚も3人の中で最下位になりたくない!』と思うようになり、今回の決断に至ったそうです」(別の関係者)。

 会社側には「先月、結婚し退社する意向を伝えた」といい、ラジオのレギュラー番組に関しては当面、居住先の東京から通って対応する模様。「CBCの場合、彼女たち3人に続く人気女子アナの育成ができておらず、今回の寿退社は寝耳に水。局内は、今後の女子アナ戦略を練り直さざるを得ず、対応に追われている」(前出の同局関係者)というだけに、正式発表後は各方面に波紋が広がりそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング