プロレス界が証言する、ジャガー横田の“不倫夫”木下博勝氏の素顔「恐妻家キャラは、すべて演技」

日刊サイゾー / 2014年3月28日 13時0分

写真

 25日、イベントに出席した北斗晶に、夫の不倫が報じられたジャガー横田に関する質問が飛んだ。北斗は「他人の家のことは関係ない」とかわしたが、芸能記者たちは他でも各々、女子プロレスの関係者に同じ質問を当てている。

 ある女子プロレス団体の美人レスラーは「さっき有名週刊誌の女性記者から私の携帯電話にいきなり電話がきて、ジャガーさんの旦那様のことについて聞かれた」と話した。

「知っていることはありましたけど、ジャガーさんにお世話になった身としては答えられなかったです」とは言うものの、「人によっては、あれこれ話しちゃうかもしれないですね」と、いずれ漏れる可能性があるとしている。

 というのも、ジャガーの夫、医師の木下博勝氏はこれまで恐妻家として知られてきたが、これがただの演技だからだ。夫婦そろって番組やイベントに出演した際、木下氏は必ずジャガー氏に暴力を振るわれたりして泣き顔。これが「リアルのび太」とも呼ばれ愛されてきたのだが、実際には、過去ハードコアパンクバンド「トランキライザー」のヴォーカルとして、ビジュアル系の風貌で絶叫、ステージを暴れまわってきた人物でもあり、古くから木下氏を知る者なら口をそろえて「リアルのび太はキャラでやっている」という話だ。

 実際、今回発覚した木下氏の不倫劇は、沖縄で知り合ったシングルマザー女性を愛人にして月20万円を振り込んでいたというもので、通帳の明細やLINEでのやりとりが暴露されており、その内容はおよそ恐妻家とは程遠いものだった。当然、芸能記者はここぞとばかりに木下氏の別の一面を探るべく奔走、そこで取材対象となったのが、リングドクターとしてジャガーと知り合った場所でもあるプロレス関係者たちだった。

 2人の出会いは02年、ジャガーが後輩選手の試合に足を運んだところ、リングドクターの木下氏を「東大病院の先生」として紹介されたことだった。ここで、木下氏のほうから食事に誘う形で、すぐに交際に発展。2年後にゴールインした。

「一目惚れしやすい人のようで、気に入ったらすぐに高級レストランに誘うのがパターン。実は他にも誘われた女子選手がいた」

 こう話すのは、別のベテラン女子レスラーだ。彼女によると、夫妻が結婚前後、他の女子プロレス関係者らと一緒に過ごすこともあったことから、関係者間ではとっくに木下氏の素の姿は割れていたという。

「結婚前、すでに木下さんがジャガーさんを“オイ”って呼んで雑用を命じたりもしていましたしね。でも、表ではジャガーさんに殴られて木下さんのアゴが外れたとか、ウソのエピソードで飾っていたんです。そのほうがマスコミ受けもよく、ジャガーさんに高いテレビ出演料が入ってきますからね。プロレス界自体が秘密主義の世界ですから、周りもその通り話を合わせて、マスコミにウソの証言をしていたんですよ」(同)

 ただ、子どもが生まれてからは、木下氏の英才教育の方針もあって、ジャガーの出演仕事が減り「木下さんが恐妻家のフリをする機会も少ない」と同レスラー。

 実際は、亭主関白の女好きといわれる木下氏。勤務先では看護師をナンパした話が一部ネット上で暴露されたこともある。夫妻の所属事務所は「不倫は事実無根」としているが、今後も恐妻家キャラを演じ続けるのは無理がありそうだ。
(文=鈴木雅久)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング