「俺にもヤラせろ!」“赤面おっぴろげ写真”流出で、香里奈がセックスシンボル化!?

日刊サイゾー / 2014年3月30日 9時0分

写真

 写真週刊誌「フライデー」(講談社)で“赤面おっぴろげ写真”をスクープされた女優の香里奈が、意外にも人気急上昇中という。

 写真は、2年ほど前にハワイのコンドミニアムで開かれた語学学校仲間のパーティーの途中、燃え上がった2人がベッドインした後、眠っている姿。日本でハメを外せない香里奈は日ごろのストレスを発散するかのように、この日のパーティーでは酒にエナジードリンクを混ぜて飲もうとするなど、のっけからハイテンション。案の定、泥酔し、同席した台湾人青年X氏と人目もはばからずイチャイチャしだしたという。

 その後2人は別室に移動し、堂々とコトに及んだそうだが、その詳細も香里奈のあえぎ声が大きかったことや、一服後、すぐに2回戦に及んだことなど“官能小説”ばりに描かれている。

 そして、トドメの開脚写真だ。黒のセクシー下着を身に着けた香里奈が「くぱぁ!」とばかりにおっぴろげ。よく見ると、指で股間をまさぐっているようにも見える。

「初めてと言っていいスキャンダルが、いきなりこれでは……。業界関係者の中には『香里奈終わった』と言う人もいます。事務所サイドも、とにかくCMに影響が出ないか気を揉んでいて、スタッフがスポンサーに謝罪行脚しているそうです」とはテレビ関係者。

 だが、ネット上の反応は少し違うようだ。元・モーニング娘。矢口真里の自宅不倫スキャンダルや、広末涼子と佐藤健の不倫疑惑に対しては辛らつな言葉を並べていたのに、今回は写真があまりにエロかったこともあり「俺もヤリて~」や「フライデーをオカズにします」「別の意味で香里奈が好きになった」と、セックスシンボルに推す声が飛んでいるのだ。

 ある映画関係者も「事務所的には頭を抱えていると思いますが、ある意味、女優として幅が広がったと前向きに捉えることもできる。これからは濡れ場なんかもOKでしょう。それを楽しみにしている男性ファンも多く、争奪戦が繰り広げられそうです」と肯定的だ。

 おっぴろげ写真の破壊力がすごすぎて、バッシングを通り越してしまったようだ。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング