「真面目にやらんかい!!」離婚報道の辻仁成、やしきたかじん&泰葉の“最凶コンビ”を激怒させた過去

日刊サイゾー / 2014年4月5日 9時0分

写真

 離婚騒動で渦中の中山美穂と辻仁成だが、「週刊文春」(文藝春秋)4月10日号が、仏・パリで中山を直撃した様子を掲載している。

 中山は離婚に向けて話し合いを進めていることを認め、音楽活動にのめり込んだ辻のビジュアルが“中性化”したことも離婚原因として報じられたことについては、「その中(離婚)のひとつの原因ではあります。けれども、それだけではないし」と否定はしなかった。

「辻が『女装して会いに行く愛人がいる』という情報も飛び交うなど、辻の“性癖”が離婚原因であることは間違いなく、長男が辻の“中性化”に『気持ち悪いからやめて』と苦言を呈してもやめなかったため、中山が愛想を尽かしたというのが離婚騒動の真相。しかし、渦中の辻はいまだに状況をのみ込めていないようで、離婚する気はなし。長男の親権問題もあり、離婚成立までにはまだまだ時間がかかりそうだ」(芸能デスク)

 同誌では、作家として最近ヒット作がない辻が“ヒモ状態”であることも離婚の一因とされている。そんな辻だが、1985年にロックバンドの「ECHOES」のボーカリストとしてデビュー後、人を食った態度で、ある意味“最凶”ともいえる2人のタレントを激怒させていた過去がある。

「デビュー後、辻と『ECHOES』のメンバーはプロモーションのため、関西ローカルのMBSラジオで放送されていた番組『ハローナショナルショールーム』に出演した。その時、司会を務めていたのが、今年1月に亡くなった、後に関西の大御所となるやしきたかじんさんと、春風亭小朝との離婚後、過激な言動で何かとお騒がせしていた泰葉。辻らメンバーは2人から何を質問されても無視したり、『CDを買ってもらえればわかる』としか答えないなど、ひたすら横柄な態度で番組の進行が滞ってしまった。すると、それまで“大人の対応”をしていた2人はついにしびれを切らし、泰葉がたかじんに『やっちゃいな!』と言い放つと、それを受けたたかじんが録音ストップを指示。辻らに『それならわざわざここに来ないで、CDだけ売ったらいい!』『ワレ! 真面目にやらんかい! ちっとも面白いことしゃべらんし!』などと激怒。譜面台を投げつけるなど大暴れし、収録現場は騒然となった。後にたかじんはその時のことを振り返り、『しゃべるのが嫌だというのならFM(の番組)に出ろ! ここはAMや!』と話しており、相当辻にキレたようだ」(ベテラン芸能記者)

 そんな騒動もあったが、辻は97年に『海峡の光』(新潮社)で芥川賞を受賞。しかし、最近は“原点”だった音楽活動が中心で、先日はソロアルバムPRのため爆笑問題がパーソナリティーを務めるラジオ番組に出演。太田光と田中裕二に散々いじられたものの、辻は“大人の対応”。過去にたかじんと泰葉を激怒させたことが、しっかり教訓になっていたに違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング