仕上げは“離婚小説”か? 辻仁成と離婚報道の中山美穂に、業界から援護射撃続々のワケ

日刊サイゾー / 2014年4月9日 10時0分

写真

 夫で作家・ミュージシャンの辻仁成との離婚騒動で渦中の女優・中山美穂が、シングルマザー役でドラマ主演することを、7日付の各スポーツ紙が報じた。

 記事によると、中山が主演するのは5月25日スタートのNHK・BSプレミアム連続ドラマ『プラトニック』。人気脚本家の野島伸司氏がNHKに初めて書き下ろしたドラマで、中山が演じるのは、心臓疾患を抱える娘を持つシングルマザー。KinKi Kidsの堂本剛演じる謎の青年と出会い、恋に落ちていく役どころだというが、あまりにも発表のタイミングが絶妙だったようだ。

「前々からオファーを受けて決まっていたが、発表のタイミングを焦らし、あえてこの騒動の渦中に発表したようだ。ドラマの放送前に離婚していてもしていなくても、話題になることは必至。一方、騒動渦中に発売された辻の15年ぶりのソロアルバムはまったく売れず、このままでは中山との収入格差は開く一方。辻にとって、ますます不利な状況となってしまった」(芸能デスク)

 さらに、辻に関しては「中山の所属事務所のバーニングプロに近い某リポーターが辻に愛人がいることをリークしたり、バーニングに近い女性誌は辻が“女性化”していく性癖を中山が嫌っていたことを報じるなど“援護射撃”している」(同)というから、離婚に向けて着実に外堀は埋められているが、しっかりとその先の“戦略”も決まっているようだ。

「もともと、騒動のきっかけはスポニチの1面だったが、その“仕掛け人”は大手出版社の社長だといわれている。そのスクープ後、同紙はその出版社の大々的なパブ記事を掲載するなど、相変わらずの蜜月ぶり。中山は10年以上前にその出版社から処女作の小説を発売している。離婚後、すでに、離婚騒動の内幕をモチーフにした小説が発売されるといわれており、発売されればそれなりにヒットすることは確実。このところ、音楽活動にのめり込んで本業の小説がまったく当たらない辻に対するいい当てつけというか、その本の印税が慰謝料代わりになりそうだ」(出版関係者)

 復縁を望んでいるはずの辻だが、相変わらずまったく打つ手はないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング