『おはスタ』に一度も出演せず降板した“幻のおはガール”が話題! 原因はブログのDQN写真か?

日刊サイゾー / 2014年4月9日 0時0分

写真

 小学生を中心に絶大な人気を誇る朝の番組『おはスタ』(テレビ東京系)に、一度も出演しないまま降板した“幻のおはガール”が話題となっている。

 同番組は今月7日から、レギュラー出演者をリニューアル。2年にわたりおはガールを務めた岡本夏美、平祐奈、吉川日菜子が番組を卒業し、この日は新おはガールのお披露目であった。

「事前に告知されていた新おはガール3人のうち、13歳の平田あいりさんが突如、まったく別の女の子に変わっていた。彼女は、情報解禁前にもかかわらず、ブログでおはガールに決まったことを告知し、プチ炎上。それに伴い、電車で迷惑行為をしている不適切画像が次々と見つかり、ネット上で話題となった。降板理由は明かされていませんが、これらの騒動が原因とみられています」(芸能ライター)

 問題の画像は、電車のつり革に両手をかけ、逆さまになっている画像や、座席に寝転んでいる画像、地下鉄の入り口の危険な場所に腰かけている画像など数点。また、茶髪や、おなかを大胆に露出したイケイケ風の私服姿など、13歳とは思えない大人びたファッションであることも発覚し、ネット上では「完全にDQN」「おはガールっぽくない」「こんなマナーの悪い写真を許す親って……」「まだ13歳なのに、炎上してかわいそう」などの声が上がっていた。

「平田さんは、女子小学生向けのダンス&ファッション誌『Girls☆Stage』(主婦の友社)のモデルを務めており、茶髪や大人びたファッションは、キッズダンサーには多いタイプ。最近のおはガールは、番組出演だけでなく、CDを発売したり、ライブやチェキ会なども行っているため、大人のアイドルヲタからの視線も熱い。平田さんの代理として急きょおはガールとなった13歳の三好杏依さんは、生後1カ月で芸能界入りしているためプロ意識も高く、清楚系でドルヲタに好まれるタイプ。“大きなお友達”の間では、早くも『めちゃめちゃかわいい!』と人気に火が付いています」(同)

 若干13歳にして、挫折を経験してしまった平田さん。これに懲りず、夢に向かって進んでほしいものだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング