江角マキコと冷戦! 電撃再婚したビッグダディが『バイキング』から消える日

日刊サイゾー / 2014年4月17日 9時0分

写真

 女優の江角マキコが15日、火曜レギュラーを務める『バイキング』(フジテレビ系)の中で、同じく火曜レギュラーで元看護師の三由紀さんと電撃再婚した“ビッグダディ”こと林下清志を酷評した。

 2人の遺恨は7日放送のバラエティ番組『私の何がイケないの?SP』(TBS系)で、上京したダディがTwitterで呼びかけ、夜な夜なファンと飲み会に興じていることが暴露された際から。これに、共演した江角は「だったらテレビのお仕事をされないで、整体院のお仕事をされていたほうがいいと思いますよ。テレビに出ることは影響力があるということを理解されたほうがいい」とチクリ。その後、野宿するダディの映像が映し出されると、江角は嫌悪感をあらわにしながら「迷惑ですよ」と声を荒らげた。

 こうした伏線を経ての『バイキング』での共演。早速、結婚報告するダディに「(新妻との出会いは)Twitterで募った怪しい飲み会じゃないの?」と疑いの目を向けた。「結婚はじゃんけんで決めた」というダディの主張に対しても「分からない」と言い放ち、最後まで「おめでとう」の言葉はなかった。

 番組関係者いわく「2人の関係はガチで冷え切っています。2児の母でもある江角さんからしてみたら、ダディの振る舞いは生理的に受け付けないのでしょう」。

 江角といえば、先月で所属事務所「研音」を辞め、個人事務所「インクワイヤー」を立ち上げたばかり。

「カタチ上は円満退社ですが、方向性をめぐって意見のぶつかり合いがあったそうです。江角さんは、男勝りで気が強いことで有名。テレビ局的には『ダディと江角さん、どちらかを選べ!』と言われたら、江角さんを取る。『バイキング』はまだスタートしたばかりなので、様子を見ているのでしょうが、いずれ『ダディを外さないと、私が降りるわよ!』と言いだしそうな雲行きです」(同)

 もともとタレントとしての力量は「?」なダディ。ネット上では「素人感丸出し」「トークに入れていない」という声も上がっている。お昼にダディの姿を拝めるのも、そう長くないかもしれない――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング