サッカーW杯、選手の性処理問題やいかに? 結果を左右する「夜の戦術プラン」

日刊サイゾー / 2014年4月17日 17時30分

写真

 開催まで残り2カ月を切ったサッカーW杯。今大会はサッカー王国・ブラジルでの64年ぶりの開催ともあり、サッカーファンの熱も高い。

 200を超える国と地域から激しい予選を勝ち抜いた32カ国の監督たちは、チームが最高の成績を残すために、ピッチの外においても万全な準備を整える。

 例えば、いつでも慣れ親しんだ料理が食べられるよう、自国の食材と一流のシェフを呼び寄せるのはもちろん、士気を高めるためにキャンプ中のホテルに自国のスターを呼び、ディナーショーを開かせる監督も。

 また、性欲の管理においても同様。選手はいずれも、若くして成功を収めた、いわゆるモテ男たち。放っておくと、女性関係の不祥事を起こす可能性もあるため、選手の性欲も監督が管理することが多い。

「監督が定めるルールは、選手があらかじめ指定したガールフレンドや配偶者のみ、ホテルへの出入りを自由にするものや、選手の自己管理に任せるものなどさまざま。また、チームが指定した売春婦のみがホテルを出入りできるケースも多く、特に海外のスター選手や黒人系の選手は、複数人をホテルに呼び寄せ、プレイに興じることも。今大会でも、多くのチームが大会中に女性と遊べるように配慮しているとみられますが、選手のお遊びが度を過ぎ、監督の機嫌を損ねると、試合に使ってもらえないことも往々にあるようです」(スポーツライター)

 今大会では、イングランドのロイ・ホジソン監督が、すべての女性との個人的接触を禁止にすると発表。選手からは不満の声が噴出しているが、禁欲生活によりたまったパワーを、試合で“爆発”させることも狙いだという。

「この禁欲作戦は1986年のメキシコW杯で、アルゼンチンのカルロス・ビラルド監督が採用。準々決勝のイングランド戦で、マラドーナが“神の手ゴール”や“5人抜きゴール”を決め、決勝戦では当時最強といわれた西ドイツを下すという、W杯史に残る大成功を収めています。ちなみに、当時のチームの合言葉は、『優勝すれば、この国の女すべてとヤレる!』だったそうです」(同)

 選手の下半身事情にまで、指揮棒を振る代表監督。日本を牽引するアルベルト・ザッケローニは、いったいどのパターンを採用するのだろうか?
(文=沢野奈津夫)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング