楽天・松井裕「2軍行き」で再び浮上する、“デーブ降ろし”の罠

日刊サイゾー / 2014年4月28日 11時0分

写真

 プロ野球・楽天の森雄大投手が24日、東京ドームで年1回行われる主催試合で5回2/3イニングを投げて1失点。試合は6-1でプロ初勝利が転がり込んだ。注目のルーキー・松井裕樹と入れ替わって1軍昇格を果たし、即初勝利。「アイツの分まで頑張ろうと思った」と後輩を思いやったが、球界関係者の間ではルーキーの2軍行きで、再び大久保2軍監督を“ハメる”罠に松井が利用される、と危惧する声が上がっている。

 前日、星野仙一監督は松井について「もう一度、ピッチングのABCから勉強してもらう。みんながここまで我慢したんだからな」と、最短の10日間での1軍復帰ではなく、長期戦になる覚悟で2軍行きを命じたことを示唆。この日は、結果を残した森に対して「あーよかった。どっち(松井か森か)が先(に勝つ)かと思っていたけど。球に力もあるし、(今後)どう変わるか楽しみだね!」と目を細めた。

 当面は松井の登板ローテ枠を森が埋める形となりそうだが、となると、ルーキーを待ち受けているのは“鬼軍曹”で知られる大久保博元・2軍監督のキビし~い猛練習。だが、心配されているのはここで松井がバテたり、音を上げることではない。「3度目の事件」勃発を心配する声だ。

「デーブさんはこれまで、2010年に西武でのコーチ時代に傷害の疑いで書類送検されて解雇(※その後、名誉棄損で訴えるも、楽天のコーチ入閣で取り下げる)されたり、今年も2軍の久米島キャンプ中、柿澤外野手が脱水症状による意識喪失発作の診断を受け、球団から厳重注意受けたばかり。実は、球界内では知られた話ですが、前者は某200勝投手左腕(※現在は引退)が暗躍して、後者は球団ベッタリな某地方紙系列のスポーツ紙が球団に告げ口したことで発覚、騒ぎが大きくなった。確かに、デーブさんも昔ながらの体育会系の人だったり、女性関係に甘かったりと隙がないとはいえない。でも、あのキャラで実績は出しているので、面白くないと思っている球界関係者は意外と多い。そこで、あらゆる手段で“デーブ降ろし”を画策するんです。今回、松井が2軍に行くことで、彼の言動がそれらの材料に悪用される可能性もあるため、デーブサイドはかなり警戒をしているようです」(球界関係者)

 松井はともかく、当面はデーブ監督の言動にも注目が集まりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング