高級スパで性的サービス要求発覚! 公私ともに“ソロ活動”で山下智久のストレス爆発寸前!?

日刊サイゾー / 2014年5月7日 9時0分

写真

 バラエティ番組初司会を務めた『ジェネレーション天国』(フジテレビ系)の視聴率が振るわず、3月いっぱいで事実上の打ち切りとなった山Pこと山下智久だが、4月20日から初の冠バラエティ番組『大人のKISS英語』(同)がスタートした。

「山下が将来の世界進出を目標に掲げ、世界共通語である英語を学んでいく英会話バラエティ番組。初回は山下が初対面の外国人女性とキスをし、ファンの間では話題になったが、放送時間が日曜の深夜帯なのでいまいち番組自体が認知されていない。NEWSを抜けてソロで音楽活動と俳優業をこなし、バラエティに進出するもパッとしないため、事務所サイドは山下をハリウッドに売り込もうということらしい。それにしても、英語を学ぶならもっと本腰を入れたほうがよさそうだが……」(テレビ関係者)

 そんな山下だが、「週刊文春」(5月8日・15日ゴールデンウィーク特大号/文藝春秋)が都内にある高級スパで山下が女性セラピストに対し風俗店と同じような性的サービスを要求し、出入り禁止になったことを報じている。

 同誌によると、そのスパはセラピストが紙パンツ1枚になった客にオイルマッサージをするが、山下は性的サービスを要求。スタッフが断ると、「あの俺だよ?」と高圧的な態度を取った上、しつこく要求。その結果、“出禁”になってしまったというのだ。

 歌手活動では、『エロ』(ワーナーミュージック・ジャパン)というタイトルのアルバムを発売。アルバムの発売に合わせ、“エロP”キャラに路線変更したこともあっただけに、プライベートでもしっかりそのキャラを貫いているようだが、特にプライベートの“ソロ活動”ではストレスがたまっているようだ。

「山Pのプライベートといえば、以前は女優の北川景子らと浮名を流したが、最近はすっかりご無沙汰。女遊びをしない時は、2月でジャニーズ事務所を辞めた赤西仁、関ジャニ∞の錦戸亮らと夜な夜な“クラブ活動”に励んでいたが、事務所の幹部から赤西との接触を禁じられているため、赤西率いる赤西軍団は事実上解散。そこで“ソロ活動”となるが、遊び慣れていないので、『文春』で報じられたような行為に走っているのでは。この先、さらに暴走を重ねないか事務所幹部は肝を冷やしているに違いない」(女性誌記者)

 ストレス発散のためにも、ぜひ冠番組で弾けてほしいものだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング