テレ朝はOKでフジはNG!? 小保方さんをお笑いネタにした両局に明暗――

日刊サイゾー / 2014年5月8日 11時0分

写真

 STAP細胞問題渦中の小保方晴子さんが、ついにネタにされた。6日放送のテレビ朝日系『ロンドンハーツ3時間SP』で、タレントの大久保佳代子が小保方さんの“ものまね”を披露したのだ。

 人気企画「見た目ビューティーカップ」で大久保は、「久保方さん」として、小保方さんを真似た紺色のワンピース、真珠のネックレス、巻き髪で登場。「いま話題のリケ女(ジョ)を(真似てみました)……」と、おしとやかにほほえんだ。また「STAP細胞は……ありません」と瞳を潤ませて話し、笑わせた。

 3日放送されたフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』では、小保方さんに扮した重盛さと美が頭を殴打される予告が公式サイトで流れていたが、ネット上で批判が集まり、予告が削除された上、当日は放送されなかった。

 『ロンハー』司会の田村淳は、この日の放送を見ながらTwitterで「ロンハー視聴 収録は結構前だったから、久保方さんの所が放送されるかなぁと心配してたら、普通に放送に♪ 流石ロンハースタッフ!」と絶賛。

 ネット上の反応も面白い。めちゃイケは「悪ノリ」に映ったようで「相手は一般人だぞ!」「低俗な番組だ!」などの批判が圧倒的だったが、ロンハーはモノマネレベルだったことからギリギリセーフのジャッジ。

 テレビ関係者も「『めちゃイケ』は小保方さんを、阿呆方(アホかた)さんと露骨に中傷した時点でアウト。“アンチフジ派”から集中砲火を浴びることになった。『ロンハー』の“STAP細胞は……ありません”のくだりは少々問題でしたが、名誉毀損までには至らない。中傷の度合いが決定的に違う」と話す。

 テレ朝は放送するに当たり、局内でコンプライアンス的に問題はないか協議したそうで、結果「問題なし」と判断。この日のオンエアに至ったという。片や、フジは「きちんとしたチェック体制があれば、阿呆方さんとやった時点でまずいことはわかるはず。局内で協議したかは疑問が残る」(同)。

 7日には、小保方さんの代理人がフジに抗議文を送付した一方、テレ朝については静観する構えであることが伝えられるなど、テレ朝とフジの明暗はくっきり。局の好不調が、小保方さんネタをめぐっても如実に表れたようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング