「ダメンズ・イケメン」を求め続ける長澤まさみの“暴走”は、もう誰にも止められない!?

日刊サイゾー / 2014年5月18日 9時0分

写真

 今年2月、スポーツ報知で破局が報じられた女優の長澤まさみと俳優の伊勢谷友介が、いまだに交際中であると、「女性セブン」(小学館、5月29日号)が報じている。

 同誌によると、長澤は今月10日、出演している映画『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』の初日舞台挨拶出席後、いったん帰宅し、ひとり家を出ると伊勢谷の待つネパール料理店へ。談笑しながら食事を楽しむと、長澤は伊勢谷に腕を絡ませるなどラブラブで夜道を歩き、店から歩いて5分ほどの一軒家へ消えて行ったという。

 報知によると、数カ月ほど前から生活観や価値観にズレが生じ始め、互いに多忙で今後を見つめ直す中で“発展的解消”のように自然と別々の道を選択し、破局に至ったとされていたが、「セブン」の記事を見る限り、2人の間にまったく「ズレ」は生じておらず、交際が継続していたようだ。

「報知の記事はいわば、なんとしても長澤を別れさせたい所属事務所の“声”を代弁した記事。当時、長澤のマネジャーらは事務所の幹部に『別れました』と報告し、長澤も慎重を期して伊勢谷と会うのを控えていたようだ。しかし、もうガマンできなくなって、堂々と会いに行き、交際中であることが発覚。とはいえ、いまや事務所の稼ぎ頭の長澤のご機嫌を損ねてしまえば事務所の経営に大影響を及ぼしてしまうので、事務所の幹部も長澤の“暴走”を止められない」(映画会社関係者)

 長澤といえば、伊勢谷の前には嵐の二宮和也、同郷でEXILEのパフォーマー・AKIRAと交際が報じられ、昨年3月に伊勢谷との交際が発覚。ところが、伊勢谷の前には、女優の広末涼子の元夫で、モデル・デザイナーの岡沢高宏と交際していたことが発覚していた。

「市川海老蔵暴行事件や六本木クラブ襲撃事件で、一躍その名が世間に知れた不良グループ・関東連合の元リーダーが昨年6月に著書を発売した際、『週刊文春』(文藝春秋)の取材に応じ、岡沢が自分の借金返済を長澤に要求し、それが原因で別れたことを暴露。デビュー以来の清純派で売り出していた長澤だが、そのイメージが木っ端みじんに吹っ飛ぶほどの衝撃的な記事だった」(週刊誌記者)

 そんな長澤だが、今月10日に放送されたTBS系トーク番組『サワコの朝』で、ヒロインを務めた04年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』以降、次第に周囲からの重圧を感じるようになり、引退を考えたことなどをカミングアウト。さらに、サバサバした表情で「ある意味“長澤まさみ”っていうのは作られたものだし、それが自分の地かといったら違う。自分のことを客観的に見ちゃうことが多い」と語った。

「『世界の──』以降、“長澤まさみ”を演じることに疲れ果ててしまった。そこで仕事の糧となっているのが、借金のあった岡沢や、交際相手をエアガンで撃つなどDV癖のある伊勢谷のような“ダメンズ”で、しかもイケメンとの交際。それによって心身のバランスを保って仕事に打ち込んでいるから、事務所も無理に別れさせるのは危険」(先の映画関係者)

 開催中の「カンヌ国際映画祭」ではレッドカーペッドデビューを果たし、来年にはアジアの巨匠と呼ばれるジョン・ウー監督の香港映画作品が公開されるなど、女優としてさらにステップアップを重ねる長澤だが、仕事だけに打ち込むのは難しそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング