サッカー日本代表・本田圭佑「いまさら」「美談仕立て」の手術報道は惨敗時の“保険”か?

日刊サイゾー / 2014年6月2日 18時0分

写真

 サッカー日本代表MFの本田圭佑が頸部の手術を受けていたと、2日付の日刊スポーツが報じている。同紙によると、昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、今年1月にACミランに移籍するまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったものとみられている。

「ただ、この手術説は以前からウワサされていたこと。同紙では病名を明らかにしていませんが、首の部分に残る傷痕から推察するに、バセドウ病ではないでしょうか。当時から本田の目つきや人相の異変が指摘されていて、レーシック手術の失敗説もささやかれていましたが、やはりバセドウ病だったということでしょう」(スポーツライター)

 以前から指摘されていた“いまさら”の報道に、ネット掲示板などには「手術に踏み切った、あえてね」「みんな知ってた。てか、病名書けよ」「今さら記事にするとか1年遅いわ」「マスゴミの情報量はネット住民以下であることが確定」「このタイミングまでこういう記事出さなかったのも狡いよなあ」といった書き込みも。

 疑問なのは、なぜW杯直前のこのタイミングで報じられたのか、ということ。同紙は、本田は今回の頸部の手術の前にも、2011年9月に右膝半月板、12年6月には視力回復の手術を行っていると、過去の手術歴を列挙し、こうした手術を乗り越え、悲壮な決意でW杯に臨むのだと美談仕立てで報じている。だが、これには「戦犯になった時の批判回避?」という声も上がっている。

「移籍1年目ということを差し引いても、ミランではまったくといっていいほど活躍できなかった。そして、ミランでの不調を引きずってか、先頃行われた日本代表の壮行試合のキプロス戦でも、本田はひときわ不振を極めていましたからね。さきだって鹿児島で行われた合宿での疲労がピークに達していたということもあるでしょうが、それよりもミランでの出場機会の少なさに、試合勘が鈍っていることが要因なのでは。W杯本番までテストマッチを2試合残しており、ここで調子を上げていかなければならないのですが、仮に調子を取り戻したとしても、スピード不足という致命的な弱点をミランで露呈したように、果たして世界の強豪に通用するのかという疑問も残ります。もちろん本人としてはW杯で活躍するつもりだろうし、代表の上位進出を狙っているはずですが、本田の周囲が“保険”をかける意味で、メディアに頸部の手術の事実をリークしたことも考えられます。本田は多くの広告クライアントを抱えており、W杯で無残な結果を残したら、ビジネスに影響しますからね」(同)

 朝日新聞の調査によると、W杯で活躍を期待する代表選手に本田が最多の20%、また40%もの人たちが日本代表はベスト8以上まで勝ち進むと予想している。ここまで国民に期待されるW杯だけに、本田には不振説を吹き飛ばす活躍を願いたいものだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング