西日本豪雨、週末は関東へ……AKB48総選挙&大島卒コン14万人を直撃で空席祭りに!?

日刊サイゾー / 2014年6月5日 0時0分

写真

 日本列島を横断している雨雲の影響により、7日に味の素スタジアムで予定されている「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」の開票イベント、および翌日の同会場でのコンサート「大島優子 卒業コンサート in味の素スタジアム~6月8日の降水確率56%(5月16日現在)、てるてる坊主は本当に効果があるのか?~」の開催が危ぶまれている。

 4日現在、九州や四国を中心に大雨となっており、宮崎県には降水量が400ミリ近くに達している地域があるほか、6月としては観測史上最大の24時間雨量を観測している地点も。この雨雲はゆっくりと関東地方へ向かっており、東京の降水量は6日をピークに、8日頃まで振り続くと予報されている。

「8日のコンサートは、3月に荒天のため中止となった大島の卒業セレモニーの代替公演。その際、中止の原因は、雨ではなく雷注意報と強風注意報だった。現在、九州や四国では、雷を伴った激しい雨が降っている地域も確認できるため、残念ながら週末には、東京でも雷注意報が発令される可能性があります」(芸能ライター)

 AKB48の運営は先月、公式ブログで7万着分の雨がっぱを用意していることを発表。さらに、ファンにてるてる坊主の制作・提供を呼びかけている。

「卒業セレモニーが延期されたことで、卒業自体も延びた大島ですが、もし今回中止になったとしても、もう延期はせずに、翌9日にAKB48劇場で行われる卒業公演を最後に、ひとまず卒業するようです。また7日には、フジテレビが『AKB48 第6回選抜総選挙 生放送SP』と題し、5時間10分にわたり開票イベントの生中継を含む特別番組を放送する。もしイベントがなくなった場合、どんな内容に差し替えられるのか気になるところです。また、AKB48の大規模公演では、スポンサーや関係者に大量のタダ券がばら撒かれることで知られていますが、そういう人たちは雨がっぱを着てまで見ようとは思わないでしょうから、空席祭りになる可能性もありそうです」(同)

 運営のてるてる坊主作戦は、実を結ぶだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング