どうなる“AKB商法”!? NMB48にCD発売延期の動き、SKE48は「握手券付き」で予約受付中……

日刊サイゾー / 2014年6月6日 17時30分

写真

 アイドルグループ・NMB48の10thシングル「イビサガール」(よしもとアール・アンド・シー)が、先月25日に起きたAKB48握手会襲撃事件を受け、発売延期された可能性があることが分かった。

 同作は、前作「高嶺の林檎」から約3カ月ぶりのシングル。先月22日に行われた「リクエストアワー セットリストベスト50 2014」で初お披露目され、NMB48がCM出演する「なか卯」とのタイアップも決定している。

「一部CDショップなどでは、6月25日発売とアナウンスされていましたが、急に白紙になりました。握手会再開の目途が立たないまま、CDに握手券をつけていいものか、という問題が浮上したためとみられます。また、5日にYouTubeに配信された『なか卯』のCMメイキング映像で、メンバーによる『イビサガール』のPR中に、不自然にカットされているシーンが確認できる。ここで発売日を告知していた可能性もあります」(芸能記者)

 NMB48といえば4日、6月中に開催予定だったすべての接触イベントの延期を発表。代替日は未定で、7月以降に予定されている握手会についても“協議中”としている。

「AKB48グループはいわずもがな、CDに握手券や投票券などをつける“AKB商法”で驚異の売り上げ枚数を誇ってきたグループ。NMB48も、前作『高嶺の林檎』で約44万枚、前々作『カモネギックス』で約51万枚を売り上げている。これまで積み重ねてきた記録に傷をつけないためにも、握手券を封入せずにリリースすることは避けたいでしょう」(同)

 一方、SKE48が7月30日にリリースする15thシングル(タイトル未定/avex trax)については、“握手券付き”として現在、予約を受けつけている。

「SKE48は、エイベックスの通販サイト『mu-moショップ』や、全国のCDショップで、握手券付きCDの予約を受けつけている。中にはモラル的に問題視する声もありますが、一部ファンからは『実は、握手会の目途が立っているのでは?』という声も。どうやらファンにとっては、“希望の光”となっているようです」(同)

 この週末、選抜総選挙の開票イベントや、大島優子の卒業セレモニーという大きなイベントを控えるAKB48グループ。ここで、今後の握手会について何か語られるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング