世界一の華人富豪が出資 中国伝統の“ニセ卵”が正式商品化

日刊サイゾー / 2014年6月8日 16時0分

写真

 動物性たんぱく質不使用で、黄身や白身、殻までも忠実に再現したニセ卵は、中国が誇るさまざまなニセ食品の中でも伝説的な存在だ。そんな中国伝統のニセ卵が、このたび晴れて正規商品として、香港の大手スーパーマーケットで発売されたという。

 “ニセ卵”といっても、人体に有害な化学物質や毒物を含んでいるわけではない。米国出身の研究者が、植物から抽出した栄養分で、鶏卵と同じ味と栄養価、そして外見までもを再現した人工卵なのだ。

 研究段階だった人工卵を、華人最大の富豪として知られる李嘉誠氏が口にしたことがきっかけで、氏の基金などから約23億7000万円の出資を獲得。商品化にこぎ着けたというわけだ。

 栄養価は一般的な鶏卵を25%上回る一方、価格は半額程度だという。半年後には大陸へも進出する計画だという。中国や香港では卵価格の乱高下が続いており、安定した価格で供給できる人工卵には一定の需要があると見込まれている。

 しかし、商売の鬼、李嘉誠氏が目をつけたのは、コストの問題だけではない。

 広東省ブロック紙の社会部記者はこう話す。

「鳥インフルエンザをはじめとする伝染病や、母鶏への禁止薬物の使用などが頻発している中国では、生活者は食品の中でも卵の安全性に特に大きな不安を抱えている。また、大気汚染といった生活環境の悪化からか、卵アレルギーを持つ人の割合も急増している。こうした中、人工卵には大きなビジネスチャンスがあると見込まれている」

 とはいえ、科学技術によって造られた卵など、どことなく気味が悪い気がするが、ニセ卵に慣れた中国人にとっては没問題!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング