「AKB48ファンはマナーがいい」とはなんだったのか……総選挙後、“ピンクの雨ガッパ”が会場周辺に大量投棄

日刊サイゾー / 2014年6月9日 17時30分

写真

 7日、味の素スタジアムで雨の中行われた「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」の開票イベント。大雨の影響で一時は中止も心配されたが、大盛況の中、幕を閉じた。

「イベント前には、入場者約7万人全員に入念な金属探知機による荷物検査が行われましたが、ファンも早めに来場するなど協力的。イベント中は大雨で観る側も大変でしたが、一人ひとりのマナーもよく、フジテレビの中継番組でも『AKB48のファンはマナーがいい』と話題になっていました」(芸能ライター)

 「後味のいい総選挙」と評されることも多い、今年の総選挙。しかし、会場の外には“ピンクの落とし物”が散らばり、人々を不快にさせていたようだ。

「来場者全員に配られたピンク色の雨ガッパが、道端やコンビニ、駅のゴミ箱などに大量に放置されていました。現在、Twitter上には、通行人などが呆れた様子で撮影した雨ガッパの写真が、いくつも投稿されています」(同)

 Twitter上では、「いろんなところにピンクのカッパが落ちてる」「飛田給近くのコンビニにカッパが大量に捨ててある」「いらなくなったカッパを駅の自販機のゴミ箱に押し込む姿見て、引いた」「新宿駅構内のいたるところに、ピンクのカッパが捨てられてる」「京王線、ゴミは各自お持ち帰りください。使い終わったカッパを捨てないでのアナウンス」といった報告が、無数に確認できる。

 また、雨ガッパと一緒に配られた旗についても、「なんかAKBとか書いてある旗が、あちこちポイ捨てされてるんだけど。AKBヲタはゴミの捨て方も知らないの?」「家の前にAKBって書いてある旗がいくつも落ちてるんだけど、これ何?」「AKBファンマナー悪すぎ」といった報告が見受けられる。

 さらに、雨ガッパを着用したまま電車に乗るなど迷惑行為も多数目撃されており、「新宿行きの電車、ピンクのカッパ着たまま座ってる人いたけど迷惑」「総選挙帰りの人たちが、レインコート来たまま電車に座るとかありえない。座席がびしょ濡れ」といった苦情も目立つ。

「会場内ではマナーのいいファンも、残念ながら一歩出れば意識は低かったようですね。また、運営側も雨ガッパを捨てないようアナウンスを強化するなど、もっと対策を立てられたはず。警備にばかり気を取られ、雨ガッパのゴミ問題にまで気が回らなかったのでしょう」(同)

 もちろん、家まで持ち帰ったファンも大勢いるだろうが、一部ファンにとっては、「家に帰るまでが総選挙」とはいかなかったようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング