イッツ・ア・セックスワールド! 閉館寸前の「鬼怒川秘宝殿」で、栃木のエロ郷土史のお勉強

日刊サイゾー / 2014年6月19日 19時30分

写真

 東武鉄道で、東京からおよそ2時間。かつては「東京の奥座敷」としてにぎわいを見せた鬼怒川温泉は、関東有数の名湯だ。鬼怒川が生み出す風光明媚な景色と、ゆったりと流れる時間を求め、現在でも毎年200万人あまりの観光客が訪れている。美しい自然と、温泉の温もり、豊富な山の幸、そこを訪れた観光客たちは、目も、舌も、心も満足させられることだろう。あと、足りないものといえば……、そうエロスだ。

<※画像はこちらから>

 でも大丈夫。鬼怒川温泉を代表する景勝地「龍王峡」のすぐ近くには、「鬼怒川秘宝殿」がそびえ立っているのだ。

 かつては、全国各地に存在した秘宝館。しかし、時代は変わり、現在では熱海とともに残り2館にまで減少してしまった。そして、この鬼怒川秘宝殿も、今夏の閉館を予定しているのだ。

 国道沿いに建つ、潰れたパチンコ店のようにも見える秘宝館。「見る 知る 遊ぶ おもしろマル秘ワクワク大発見」と書かれた看板はペンキが色褪せており、うら寂しい風情を漂わせている。

 館内に入ると、まず飛び込んできたのは秘宝殿のシンボルである「鬼怒川お竜」という女性の人形。着物がはだけ、おっぱいを露わにして来館者をお出迎えしてくれる。そして、その後ろには酒樽を乗せた神輿が2基。前面にはそれぞれ、天狗とおかめが貼り付けられており、よく見てみると、天狗の鼻は男性器を、おかめの口は女性器を模した形になっている。早速の歓迎ムードに、すでに期待値はうなぎ上り。しかし、ここはまだエントランス。いわば、秘宝殿の前戯にすぎない。

 受付で、初老の男性に1000円の入館料を支払って館内に入ろう。

 まず目に飛び込んでくるのは、いきり立つ男根「授かり御神木」だ。その大きさは、およそ1メートルくらいだろうか。固くて太い巨根に、思わず愚息と比較をしてしまう。木のすべすべとした質感には、誰もが思わず吸い寄せられてしまうらしく、先端の部分は浅黒くなっている。そのフォルムを見れば、触らずにはいられないのだろう。

 そして2Fへ移動。ここからが、いよいよ本番だ。男根、男根、女陰、男根と、目に飛び込んでくるのは卑猥すぎる品々! うーん、男根崇拝は各地に残された民族風習とはいえ、ここまであっけらかんとチン列されるとエロスを通り越し、圧巻というほかない。しかし、よく見ると、それらが卑猥なだけではないことに気づくだろう。キャプションによれば、ここに並んでいるのは鬼怒川、宇都宮、日光など、栃木県内各地にある男根、女陰のレプリカ。看板にも「下野国風俗資料館」と書かれているように、鬼怒川秘宝殿は栃木の郷土を性によって再発見する場所であり、U字工事とならぶ栃木の親善大使なのだ。「ごめんねごめんね~」の断りもなしに、秘宝殿は栃木エロの奥深さを見せつけてゆく!

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング