長澤まさみがプッツン奇行写真をネット投稿→即削除 事務所を悩ます“奔放”ぶり「自動車メーカーのCMも……」

日刊サイゾー / 2014年7月2日 11時0分

写真

 先月23日、女優の長澤まさみがネット上に“奇行写真”を投稿し、大きな話題を呼んだ。

「フォロワー10万人を超える、長澤の画像共有サービス『Instagram』に、帽子をかぶった女性が道路の真ん中で両手両足を広げて、停車中のタクシーの前に立ちはだかる画像が投稿された。顔は見えないが、足の長さや髪形から長澤本人である可能性が高かったが、投稿直後に削除されてしまった。シラフでやっているとしたら明らかに奇行。もともと酒癖の悪さがたびたび報道されていた長澤だが、時期が時期だけに、事務所も冷や汗ものだったはず」(芸能関係者)

 というのも、長澤は現在、イタリア車メーカー・アルファロメオのCMキャラクターを務めている。艶やかなドレスに身を包み、都会的でおしゃれなビジュアルを打ち出した同社のCMと、ガニマタでタクシーの前に立ちはだかる姿とは正反対のイメージだ。

「自動車メーカーのCMキャラクターになった場合、芸能事務所は道交法違反や車関係のトラブルに特に気を使う。以前、SMAPの木村拓哉がトヨタのCM出演中にスピード違反で免停になったことがあったが、ジャニーズは全力で違反の報道を握り潰し、なかったことにしてしまった」(同)

 だが、そもそもなぜ長澤は、ここまで不安定になってしまったのだろうか? 仕事面では、ジョン・ウー監督の最新作『太平輪』(原題)や、綾瀬はるかと姉妹役で初共演する『海街diary』などの公開が控え、順調そのものに見えるが……。

「先日、『週刊文春』(文藝春秋)に伊勢谷友介との破局が報じられた。過去に、交際相手に対するDVや暴言でトラブルを起こしていた伊勢谷との交際は、家族にも事務所にも猛反対されていたが、長澤が意地になって強行してきただけに、ショックは大きかったはず。“プッツン”写真も、その影響かもしれない」(同)

 精神面の不安はたびたび指摘されてきた長澤。周囲のケアも大切だが、いっそ自由が許される他事務所へ移籍したほうが幸せなのではないだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング