18歳メンバーが“股間丸出し”の男湯に……NMB48の新番組に「こういうAV持ってるぞ」の声

日刊サイゾー / 2014年7月9日 20時30分

写真

 NMB48のメンバーが、毎回さまざまなバイトにチャレンジする関西ローカルの新番組『NMBのめっちゃバイト』(関西テレビ)が始まり、その企画内容に驚きの声が上がっている。

 8日に放送された初回では、NMB48の川上礼奈(18)、山田菜々(22)、高野祐衣(20)の3人が出演。大阪府豊中市内の銭湯で、男性客への“背中流し”に挑戦した。

 トップバッターの川上は、男性客10人ほどがひしめき合う男湯に突入し、「れなぴょんが、みなさんの背中を流しに来ました~」と元気にあいさつ。だが次の瞬間、股間を露わにしている男性を見つけ、即座に「ちょっと、待って待って待って! 隠してみんな~。やだ~ちょっと~」と目線を手で隠し、恥ずかしそうに男性にタオルを渡した。

 その後、ほかのメンバーも交代で男湯へ。男性客とトークを弾ませながら、次々と背中を洗い流し、「ほんまに楽しい!」「めっちゃ、みんな優しい!」と、初めての体験を楽しんでいた。

 番組中、NMB48メンバーを前に、股間を隠そうとしない男性も多く、その部分を隠すための桶のイラストが頻出。最初は目線に困っていたメンバーも、次第に気にならなくなったようだ。

 メンバーの、優しくしっかりとした一面を垣間見ることができた初回に、ネット上のファンからは「面白い!」「こういう番組を待ってた」と賛辞が相次いだ。一方で、今回の企画に対し、「どこのAVだよ」「18歳のメンバーに、チ○コを見せる番組が始まった」「俺、こういうAV持ってるぞ」「さすが吉本。NMB48はなんでもありだな」という声も。「ここまでOKなのか」と驚いたファンも多かったようだ。

「NMB48は、吉本興業と京楽産業の合弁会社がマネジメントしていることもあり、バラエティ色の強い企画ができる環境にある。また、関西ローカルの番組やイベント等で、吉本芸人との絡みも多く、バラエティ慣れしているメンバーも多い。しかし、全国区の番組では、口数の極端に少ない山本彩ばかりがキャスティングされるため、バラエティ向きという印象は広く与えられていない。一方、HKT48は、バラエティ番長の指原莉乃のおかげもあり、『HKT48のおでかけ!』(TBS系)などでメンバーの個性をアピールできている。MNB48は、全国的なアピールで姉妹グループに遅れを取っているといえそうです」(芸能記者)

 今年の選抜総選挙では、後輩グループであるHKT48の勢いに押されてしまったNMB48。今後、全国にメンバーの魅力を届けることはできるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング