木村拓哉&北川景子『みなさんのおかげ』が視聴率15%超!“絶対に失敗できない”『HERO』が早くも安泰!?

日刊サイゾー / 2014年7月11日 20時30分

写真

 14日にスタートする月9ドラマ『HERO』(フジテレビ系)のPRのため、SMAP・木村拓哉と北川景子が出演した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)が、平均視聴率15.4%と高視聴率を記録したことが分かった。

 10日の放送では、木村と北川が「新・食わず嫌い王決定戦」のコーナーに登場。木村は同コーナーへの出演が11年ぶりということもあり、気合十分。コーナー中のトークでは、ドラマの撮影裏話のほか、木村と北川がお互いに「キレイ」「カッコいい」と褒め合うなど、終始なごやかなムードで進んだ。

 また、これまで出演した同コーナーにおいて、「そしゃく時に、変な顔になる」「ハムスター食い」「鼻の下が伸びる」などと、特徴的な食べ方に視聴者から失笑が漏れていた北川。今回も食事中の北川に関心が集まったが、ネット上では「食べ方、直ってる」「鏡見ながら練習したんだろうな」「あの変な食べ方、かわいかったのに」といった声が目立つ。

 通常、視聴率11%前後、1ケタも珍しくない同番組だが、15%を超えたのは、約3カ月半ぶり。『笑っていいとも!』終了目前のタモリがゲスト出演し、「食わず嫌い」に挑戦した特別回以来となる。

「今回の高視聴率は、そのまま視聴者の『HERO』への関心とも受け取れるだけに、フジテレビは胸をなで下ろしていることでしょう。また、年齢とともに“キムタク神話崩壊”などといわれて久しい木村と、相次ぐ不振で月9枠存続の危機にさらされているフジテレビ。『HERO』がコケたら後がない両者ですが、『みなさんの~』の数字を見る限り、初回20%超えも狙えるかもしれません」(芸能ライター)

 13年前の前シリーズでは、全話平均34.3%という木村主演ドラマ史上、最高視聴率を叩き出した『HERO』。これに劣らぬ結果を残し、キムタク神話を復活させることはできるだろうか?

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング