『MOZU』に続き『家族狩り』まで……本格グロ路線が不振続き、TBSの大誤算

日刊サイゾー / 2014年7月14日 20時30分

写真

 11日に放送された松雪泰子主演の連続ドラマ『家族狩り』(TBS系/金曜22時~)の第2話が、平均視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回の10.5%を大きく下回ったことが分かった。

「初回の裏では、『もののけ姫』が視聴率21.9%を記録しており、『しょうがない』という雰囲気が漂っていた。しかし、第2話の裏で放送されていた『となりのトトロ』は、19.4%と『もののけ姫』より下がっており、第2話の急落ぶりは、ちょっと言い訳できないものがあります。『家族狩り』は、企画が立ち上がった2007年から構想7年を費やした意欲作。宣伝にも力を入れており、TBSは今頃、大慌てでしょう」(芸能記者)

 同作は、直木賞作家・天童荒太氏による同名小説をもとに、大石静らによって脚本化。家族を狙った連続殺人事件を中心に、登場人物たちの心の葛藤が描かれる。キャストは松雪、伊藤淳史、遠藤憲一、Kis-My-Ft2・北山宏光、元AKB48・篠田麻里子ほか。

 第2話では、刑事の馬見原(遠藤憲一)が、相次ぐ一家心中事件について「誰かが家族を狩っている」と確信。独自の捜査を進めると、3カ所で起きた一家心中事件の家族の携帯電話に、同じ電話番号が登録されていることが判明。それぞれ登録された名前は違うものの、その番号の持ち主は児童心理司の氷崎(松雪泰子)であることが分かる……というストーリーが展開された。

 グロテスクな表現もある同作だが、視聴者からの評判は上々。ネット上では、「次回が待ちきれない!」「スタッフやキャストの本気度が伝わってくる」「重いテーマだけど、ユーモアも感じられ、暗くならずに見られる」「脚本もキャストもいい」といった感想のほか、「テレビでどこまでやれるか頑張ってほしい」「視聴率が取れなくても、媚びずに作ってほしい」といったエールも目立つ。

 また、裏番組のジブリ映画が高視聴率であることを挙げ、「ディズニーやジブリのファンタジー映画ばかりもてはやされ、汚いものにはフタをしてしまう人が増えてるのは残念」と風潮を嘆く声も。

「TBSは、前クールの『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』に続き、グロテスクな表現もいとわない本格派路線のドラマが、立て続けに振るっていない。しかし、同局のホームドラマ『おやじの背中』は、初回15.3%と思いがけず高視聴率を記録。今、視聴者から求められているのは、刺激やシリアスさよりも、ホームドラマやジブリが持つ温かさや気楽さなのかもしれない」(同)

 思わぬ急落を見せた『家族狩り』。今後、起死回生は期待できるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング