“報ステ利権”が狙い!? 古舘伊知郎にバッシングが相次ぐ裏事情とは――

日刊サイゾー / 2014年8月3日 12時0分

写真

 テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』キャスターの古舘伊知郎に、このところバッシングが相次いでいる。

 24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、テレ朝幹部と古舘の確執を理由に「降板説が浮上している」と報じた。後継者には、テレ朝系『モーニングバード!』キャスターの羽鳥慎一や、『報ステ』でリポーターをしている富川悠太アナの名前が挙がっているという。

 また別の週刊誌では、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)キャスターの宮根誠司の名前が飛び出している。果たして“降板説”はガチなのか?

 これに某制作プロ幹部は「現時点ではありえない」と完全否定した上で、一連の報道の背景に“報ステ乗っ取り”を画策する勢力が存在することを示唆した。

「2ちゃんねるでは、その日の報ステの内容で気に食わないことがあると、すぐスレッドが立つようになりました。その中身も古舘さんのトークが的外れというものばかり。意図的な“何か”を感じずにはいられません。半年前から悪評をメディアに流している業界関係者がいる、という話も聞きました」

 報ステはテレ朝にとって“ドル箱”で、イメージの良さから、トヨタをはじめとする一流企業がこぞってスポンサーになりたがる。

「しかも、番組制作を一手に引き受けているのは古舘さんが代表を務める『古舘プロジェクト』。テレ朝が支払っている金額は、古舘さんのギャラを含めれば、年間30億円以上に上るといわれる。ほかの芸能事務所にとっては、うらやましい限りでしょう」(テレビ関係者)

 そう考えると、降板説の出所は“報ステ利権”を奪おうとする勢力である可能性が高い。「週刊誌で“ポスト古舘”としてよく名前の挙がる人物を見れば……なんとなく察しはついていますよ(笑)」とは前出制作プロ幹部。報ステ利権が“金のなる木”である以上、こうした暗闘は今度も続きそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング