プロ野球・阪神ゴメスが打棒爆発!“レジェンド”R・バース氏の「知らない」発言が起爆剤に

日刊サイゾー / 2014年8月6日 19時0分

写真

 甲子園の高校野球開催に伴う、毎年恒例の長期ロードに突入したプロ野球・阪神は5日、神宮球場でヤクルト相手に20-11で勝利。チームの中心を担うマウロ・ゴメスは、ホームランを含む3安打2打点の活躍を見せた。

 23安打20得点の乱打戦を制した阪神だが、ゴメスの相棒・マートンも4安打2打点と絶好調。5回には、阪神ファンが声援を上げるレフトスタンドに18号2ランを放ったゴメスは「自分のスイングで、しっかりと球をとらえることができたよ」と満足げ。打点もリーグ2位の78としたが、これだけ打席で燃えられたのには、ちゃんとワケがあった。理由はズバリ、タイガースの助っ人の先輩のランディ・バース氏の発言だった。

「試合前日、バース氏は東京ドームで行われたイベントに出席。2005年以来、9年ぶりのリーグ優勝に向けてペナントレースをけん引するゴメスについて聞かれると『何年目の選手?』と切り出し、成績についてもまったく把握してなかったんです。ここまで、ゴメスの活躍で勝てた試合は数多くあれど、同じ虎の4番で85年の日本一の年には、打率.350、54本塁打、134打点と、すさまじい数字を残したレジェンド助っ人が知らないとなれば、話は別。これを関係者から伝え聞いたG砲は、相当ショックを受けていた。『バース氏が来日している間に、精いっぱいアピールしたい!』という気持ちが、バットにも乗り移って結果を出せたんでしょうね」(チーム関係者)

 “レジェンド”バース氏の発言は少々残念だったが、それもこれも主砲の「起爆剤」となったのであれば、結果オーライといったところだろうか。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング