HKT48・指原莉乃の公式俗称は「ゲロブス」に決定か? 秋元康も絶賛「すごい発明」「定着させたい」

日刊サイゾー / 2014年8月8日 0時0分

写真

 HKT48・指原莉乃がアンチから言われている「ゲロブス」という揶揄を、プロデューサーの秋元康が容認したことが話題となっている。

 2人は、6日深夜生放送のラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。「ゲロブス」の話題になると、秋元は「指原が『ゲロブス』っていうと、キュート」「ゲロブスってすごい発明だよね」などと好感を示し、さらに「ゲロブスっていえば指原、っていうのを定着させたい」と発言。指原が「ゲロブス(指原)にも、親はいるんですよ!」と嫌がると、秋元は「すっぴんの指原(の顔)って、すごい」と追い打ちをかけた。

 「ゲロブス」をいたく気に入った様子の秋元は、番組中に「ゲロブス」を連発。嫌がりつつも受け入れる指原と、「ゲロブスいいよ」「面白い」とプッシュし続ける秋元の掛け合いが続いた。

 この放送中、Twitterでは「ゲロブス」がトレンド入り。秋元の公認ワードとなったこともあり、ファンの間では早くも「指原=ゲロブス」が定着しつつあるようだ。

 さらに指原は、ネット上のアンチコメントについて、「その人より指原のほうが幸せだもん。そう思ったら、我慢できる」と、対処法を明かし、「いろんな人とお話できて、お金ももらってて、おいしいもん食べれて、お友達もいて、指原は幸せだと思う」と語った。

「指原さんは、今月11日に著書『逆転力 ~ピンチを待て~』(講談社)を発売。『指原莉乃が語る“逆転”の人生論』をテーマに、自虐ネタを多分に交えながら、したたかに生きるためのヒントが綴られているとか。今回のラジオ出演は本の宣伝が目的でしたが、『ゲロブス』というひどい言葉さえ受け入れる懐の深さを見せられたことで、いいアピールになったのでは? 同書は現在、予約が殺到しているそうですから、今年のベストセラーとなる可能性もありそうです」(芸能ライター)

 アイドル界で頂点に上りつめるには、「ゲロブス」こと指原のようなタフさが必須なのかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング