プロ野球西武・野上との“熱愛報道”で石川梨華の肩にかかる「マー君&里田夫妻」のプレッシャー

日刊サイゾー / 2014年8月8日 13時0分

写真

 元モーニング娘。で、タレントの石川梨華が5日、一部で報じられたプロ野球・埼玉西武の野上亮磨投手との熱愛について、「親しくさせていただいております」と交際を認めた。かつてトップアイドルグループに所属し、ノースキャンダルでここまできた“アラサー女子”には、実は大いなるプレッシャーがかかっているという。

 同日付のスポーツニッポンによると、2人は昨年末より交際をスタート。2歳年上の石川が「熱を上げているようです」という。一方、野上投手は今季、4勝7敗(6日現在)と先発投手の役割を果たせず、一時中継ぎに降格。7月末に、再び先発に戻ったばかりだった。

「今回のネタ元は完全に野上投手サイドのようで、石川の事務所関係者の中には、報道で初めて知った者も多かったそう。もともとスポニチは西武ネタに強い一面があり、野球担当記者がスクープを持ってきたのでしょう」(芸能関係者)

 石川の周囲はいま、結婚ラッシュだ。

「今年1月には保田圭がハワイで挙式。先日は、後藤真希が一般人男性との結婚を発表したばかり。一方で、アイドルとしての活動には、常に期限がつきまとう。アスリートとアイドルといえば、石川と同じ事務所の里田まいが田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)と結婚するなど、いわゆる“勝ち組”になれるチャンスが高い。それだけに、里田が作った道を石川も潰せない。ひいては、後輩の結婚にも大きな影響が出る。気が遣えないというか、無神経な性格ともいわれる石川といえど、そこは慎重になってしまうのでは」

 野上以上に、石川の肩にかかる「プレッシャー」は意外に大きいようだ。

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング