「モノノフはマナーがいい」はウソ!? レディー・ガガ日本公演で、ももクロファンのマナーが問題に

日刊サイゾー / 2014年8月15日 17時0分

写真

 5人組アイドルグループ・ももいろクローバーZが14日、千葉・QVCマリンフィールドで行われたレディー・ガガの日本公演にオープニングアクトとして出演した。

 客席には、ガガをリスペクトする“リトルモンスター”と、ももクロの“推しメン・カラー”に身を包んだ“モノノフ”が混在。ももクロもガガに負けじと、メンバーの玉井詩織が全身を金色に塗って登場するなど、奇抜な演出でステージを盛り上げた。

 公演に訪れたガガファンのTwitterには、ももクロやモノノフに対し好意的な意見が多く見受けられる。

・モノノフさんが最前譲ってくれた やばい ありがとうございます
・ライブが終わった後にゴミ袋片手に、ゴミ拾いをしているモノノフさんたちがいて、さらに感動した
・モノノフの方は、ガガ様の時も一緒に盛り上げてくれて、最高に楽しかった!
・モノノフさん達は、とにかくももクロをサポートするっていう気持ちが強いなと感じた。今日でももクロというより、モノノフのファンになった

 しかし一方で、残念な投稿も目立ち、物議を醸している。

・ももクロのファンマナー悪すぎ! 人は突き飛ばすし前にいた人を平気でどかすし。最悪。隣の人喧嘩になってる
・どれだけガガのファンが苦しんだと思ってるんだ。ももクロメインのライブじゃないのにマナー悪すぎ!
・ももクロのファンのマナーがいいってのは嘘だったからな! プレミアムスタンディングはひどい有様だったぞ!
・まじ一部のモノノフ非常識すぎて場が凍った。 センターの最前~五列目にいた奴らクソ自己中で他の人潰して「これが気持ちいい」とかほざくし、なーにがモノノフ優先してください!だ ざけんな
・いい人もいたのかもしれないけどワシの周りのモノノフらは最低なやつばかりだった

 アイドルファンをめぐる騒動といえば、今月開催された野外音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」で、東京女子流や、でんぱ組.incなど集客力の高いアイドルを複数キャスティングしながらも、“ヲタ芸”や、サイリウム・ペンライトの使用が禁止され、物議を醸した。実際、現場ではスタッフから注意されるアイドルファンが続出し、ネット上では「アイドルを客寄せに使っておいて」「ダイブが禁止なのは分かるけど、ヲタ芸の禁止は意味不明」などの声が相次いだ。

「アイドルブーム以降、フェスなどにアイドルが出演する機会が増え、応援スタイルをめぐる客同士の争いや、トラブルは多発している。特にももクロは、メタル系ロックフェスや、フォークライブイベントなど、異ジャンルのミュージシャンと共演することが多く、モノノフもアウェーな空気に慣れているといわれている。また、自分たちのマナーが直接、ももクロの印象につながるという意識が強く、『モノノフはマナーがいい』という評判が広まっている。しかし、ガガファンとは相性が悪かったのか、今回はいい印象だけでは済まなかったようです」(音楽系ライター)

 一部のマナーの悪さで、株を落としてしまったモノノフ。ガガの瞳に、モノノフはどう映ったのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング