沢尻エリカ『ファースト・クラス』で“天使すぎる”橋本環奈と共演の可能性が急浮上!?

日刊サイゾー / 2014年8月22日 11時0分

写真

 沢尻エリカ主演でファッション業界の出世競争を描いたドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)の続編が10月にスタートするが、キャスティングにモデルからの売り込みが殺到しているという。

 事情を知る放送作家によると「前作では佐々木希や菜々緒、石田ニコルといったモデル美女が、思った以上にいい演技をしてドラマ関係者から高評価だったことから、彼女らの女優としてのギャラ相場がアップ。それを知ったモデル系事務所が、女優へのステップアップに素晴らしいと所属モデルを売り込んでいる」という。

 主演の沢尻以外、キャストを一新するというアナウンスがあったことも売り込みが殺到するきっかけになっており、女優業に強くないモデル系事務所の営業マンも売り込みをかけているともっぱらだ。最近は出版不況のあおりを受けて、ファッション誌でのモデルのギャラ相場が下降気味であることも、女優業への進出に積極的な理由といわれる。

 ただ、ここにライバルとして浮上しているのが「天使すぎるアイドル」としてブレークしつつある橋本環奈だという。橋本は地下アイドルグループ「Rev. from DVL」のメンバーで、昨年11月にイベント出演した画像の1枚が「奇跡の1枚」と称されてネット上で話題に。所属事務所の公式サイトのサーバーがアクセス過多でダウンするほどだった。

 この件がメディアで取り上げられるや、CM出演の依頼が殺到。今年のNHKのイメージキャラクターにも採用され、7月スタートのテレビドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)にも本人役で出演した。

「CMでのブレークには広告代理店の敏腕営業マンが彼女を“イチ押しタレント”として売り出していて、フジのドラマの起用にも一役買っていたんです。そのため、同じフジのドラマである『ファースト・クラス』起用の候補にも浮上したという話。悪女が演じられるか分かりませんが、オスカーやホリプロといった強い営業力を持つ大手事務所も警戒感を示していると聞きます」(同)

 橋本の事務所サイドに確認すると「その予定はない」と否定したが、関係者からはあまりのブレークに「グループを卒業してソロになるのでは」なんて話もあるだけに、別のドラマも含めて大抜擢がないとは言いきれない。

 「こういう存在が出てくると、ライバル心がむき出しになるのが女性タレントの世界なので、売り込みに必死なモデル連中からの風当たりが厳しくなるかも」と放送作家。ドラマ内の出世競争以上に、現実の女たちの戦いはハードだ。
(文=ハイセーヤスダ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング