イケメン俳優・三浦翔平、暴露された“ヘラヘラ癖”……過去に矢田亜希子も激怒していた!?

日刊サイゾー / 2014年8月22日 9時0分

写真

 映画『海猿』の好演で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、映画やドラマで活躍しているイケメン俳優・三浦翔平が、自身のバースデーパーティでハメを外しまくっている“ご乱行写真”が「週刊文春」8月28日号(文藝春秋)に掲載されている。

 同誌によると、掲載された写真は6月2日の深夜に、東京・六本木の会員制バーで撮影されたもの。

 三浦がまるでホストクラブのように、マイクで掛け声をかけながら自ら“シャンパン・タワー”にシャンパンを注ぐ写真のほか、芸能人仲間の山田親太朗、清水良太郎らとポーズを決める写真のほか、泥酔して上半身裸になる写真までもが掲載されてしまった。

 おそらく、大勢集まった参加者の1人が撮影したものと思われるが、三浦の“夜の顔”は、さわやかな好青年のイメージとはかけ離れているという。

「三浦の“悪友”といえば、その奔放な下半身で知られる俳優の佐藤健。以前、『文春』では佐藤と三浦が合コンで女性陣に“『ブス帰れ!』コール”を連呼していたことが報じられた。三浦に夜遊びを仕込んだのも佐藤といわれており、ハメの外し方だけはまさに悪友譲り。ただ、俳優としては主演映画『るろうに剣心』のシリーズがヒットする佐藤とは対照的に、せいぜい脇役がいいところ。所属事務所は“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションなので、仕事には困らないが……」(映画関係者)

 これまで女性スキャンダルもなく、今のところ、プライベートが仕事に悪影響を及ぼしてはいないが、撮影現場ではあまりの態度の悪さに、あの女優がキレてしまったことがあったという。

「2011年に矢田亜希子主演ドラマ『シマシマ』(TBS系)に出演。矢田は、撮影中にNGを出してもヘラヘラしたり、矢田が集中したい場面でハイテンションで騒ぐ三浦を一喝したといわれている。それでも、三浦本人はなんで怒られたか分からなかったみたいだったというから、かなり図太い神経の持ち主」(TBS関係者)

 今後、遊ぶ時は男女問わず、決して写真を流出させない相手を選んだほうがよさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング