ついに芸能界の“薬物汚染”にメス!? ASKA被告が供述した薬物入手ルートが「あまりにもヤバすぎる」

日刊サイゾー / 2014年8月26日 11時0分

写真

 今月28日に初公判を控えたASKA(本名・宮崎重明)被告に合成麻薬MDMAを販売したとして、警視庁組織犯罪対策5課は、男2人を逮捕した。麻薬取締法違反容疑で逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系組幹部の安成貴彦容疑者と、ASKA被告の知人で無職の柳生雅由容疑者。

 テレビ各局のニュースなどが報じたところによると、2人は3月24日、東京都目黒区のASKA被告の自宅車庫で、MDMA100錠を50万円で販売した疑い。

 5月の逮捕後、ASKA被告はこれまで「暴力団などから入手した。20年以上前から使っていた」などと供述していたが、さらに「数年前から柳生容疑者に電話で依頼し、MDMAや覚せい剤を買っていた」と供述したため、2人の関与が浮上。2人は共に「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

 また、組対5課はASKA被告が別ルートでも入手していたとみているというが、ASKA被告の供述によって関係各所に衝撃が走っている。

「組対5課は、ASKA被告の供述によって、本腰を入れて違法薬物の入手ルートや売却先などの全容解明に乗り出した。というのも、安成容疑者が幹部を務めていた住吉会の3次団体・二代目大昇会は、関係筋の間では『新宿の薬局』と呼ばれ、本来は御法度である麻薬や覚せい剤を組織的に売買していた。そのため、警視庁戸塚署に捜査本部を設置し、新宿区の本部など数十カ所を家宅捜索した。09年8月、現在服役中の押尾学と執行猶予付きの判決を受けて芸能界に復帰した酒井法子が立て続けに逮捕されたが、2人とも入手ルートについては決して口を割らなかった。ところが、ASKA被告は少しでも罪を軽くしたかったのか、入手ルートについて口を割ってしまった」(全国紙社会部記者)

 これまで、芸能人が薬物事件で逮捕されるたびに、芸能界の“薬物汚染”の実態および全容解明が望まれる声が多く上がったが、現在に至るまでその“闇”は解明されず。ところが、ASKA被告の供述をきっかけに、これまでにないほど“闇”の実態が明らかになりそうだという。

「古くから、芸能界と暴力団の密接な関係が取り沙汰されてきたが、今回の事件に登場する組織やその関連団体は特にズブズブだといわれている。逮捕された2人がどこまで供述するかにもよるが、もはや組織の名前も出てしまっているので“言い逃れ”ができない状態。どうやら、ASKA被告は逮捕後、すべて話すことにしたようで、そうなると自らに“身の危険”が迫ることも想定し、セキュリティーが万全な千葉県内の薬物更正施設に“避難”したようだ。このままだと、今後、公判でかなり危険な証言が飛び出しそう」(週刊誌記者)

 ASKA被告の口から飛び出る“爆弾”が、芸能界の“薬物汚染”に深く切り込むきっかけとなりそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング