チュートリアル徳井『テラスハウス』ヤラセ否定発言が裏目に!? ネット上で疑惑再燃中

日刊サイゾー / 2014年8月26日 20時30分

写真

 9月いっぱいで終了するバラエティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に浮上した“ヤラセ疑惑”について、同番組のレギュラー出演者であるチュートリアル・徳井義実が否定した。

 23日放送のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(KBS京都)で、徳井は『テラスハウス』の収録現場について「本当に楽しくて、仕事しに来てる感じがまったくない。“『テラスハウス』見に来てる”って感じ。ああいうバラエティって、みんなで見るのが一番楽しいじゃん」と話し、一方で番組終了については「けど、いろんな諸事情もあり……」「社会現象みたいになってたけど、すごく視聴率を取ってたってわけでもないから」と一定の理解を示した。

 また、ヤラセ疑惑についても言及。“スタッフが筋書きを作っている”という疑惑について、「スタッフが『あの子とご飯とか言ったほうがええんちゃう?』とか、そんなんないよ。ただ、映像は撮らなあかんから、事前にそれ(行く場所)は知ってるってだけで。絵作って、このベンチで座りますっていうのはちゃんと分かってて、カメラ置いて撮るわけやから」と弁明。

 さらに、「ヤラセっていう言葉って、『本当のヤラセとはなんなのか?』っていうものを分かってる人が使わないと、すごく間違ったふうに捉えられる」と持論を展開。「なんでもかんでもヤラセと言われたらねえ……」と苦言を呈した。

 これに、ネット上では「ヤラセじゃないのは、分かってるよ~」「徳井さん、やさしい(≧∀≦*)」といった声のほか、「今さら必死に否定しなくていいよ」「もう終わるんだから、どっちでもいい」「スタジオの芸能人は、VTRの現場のこと知らんだろ」と冷めた意見も見受けられる。

 『テラスハウス』の疑惑については、今年2~3月に『フラッシュ』(光文社)が「制作スケジュールから逆算して、いろいろなイベントをスタッフが考えている」「ギャラのほかに、5万円の『告白手当』、番組の指示でキスした場合、10万円の『キス手当』が支払われる」などと報じた。

 さらに5月には、「週刊文春」(文藝春秋)が、制作会社「イースト・エンタテインメント」のO氏が、個別にメンバーを呼び出し、威圧的な態度で指示を出していると報道。さらにO氏は、同番組に出演していた筧美和子のバストをたびたび、わしづかみにしていたと伝えた。

 これに、フジテレビはヤラセを否定しながらも、「出演者でそのように感じた方がいらしたとしたら大変残念に思います。今後、より一層細心の注意を払い制作に臨みたい」とコメントしたという。

 また当時、ネット上では“テラサー”と呼ばれる熱狂的な番組ファンと、アンチの間で論争が勃発。ヤラセ疑惑について意見がぶつかった。

「今月14日にも、南海キャンディーズの山里亮太さんが自身のラジオ番組で、同番組のヤラセ疑惑を完全否定していましたが、いくらスタジオパートの有名芸能人が否定したところで、ヤラセ疑惑が晴れることにはならないでしょう。それどころか、徳井さんがあらためて否定したことで、ネット上ではヤラセ疑惑の話題が再燃している。わざわざラジオで蒸し返さないほうがよかったのでは?」(芸能ライター)

 徳井が言及したことで、再び脚光を浴びてしまった数々の疑惑。ヤラセ・パワハラ報道の真偽は不明だが、少なくともテラサー、徳井、山里にとって『テラスハウス』は、キラキラと輝いた場所のようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング